現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

会議の主催者以外のユーザーが共有されているメールボックスで会議を変更したとき、リソース メールボックスを更新しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3121838
現象
次のような状況を考えます。

  • 複数の Microsoft Exchange ユーザーは、以下の環境のいずれかで共有されているメールボックスにフル アクセスを持ちます。

    • Microsoft Exchange Server 2016
    • 累積的な更新 3 またはそれ以降がインストールされている更新プログラムには Microsoft Exchange Server 2013年環境
  • リソースを持つ会議を作成するメールボックスにログオン、ユーザーのいずれかとします。
このシナリオでは、他のユーザーが Microsoft Outlook でスケジュールされた時刻、出席者一覧などのミーティングの情報を変更できます。ただし、リソースには、情報を更新しません。
原因
保護であったはずの Exchange Server 累積的な更新プログラム 3 会議のハイジャックを防止するため、この現象が発生します。そのため、リソース メールボックスは、他のユーザーからの要求を処理しません。会議の発生元であるユーザーだけでは、Outlook で会議の情報を変更でき、リソースの自動処理することができます。
回避策
会議の主催者は、この現象を回避するには、共有メールボックスに変更を加え。または、共有メールボックスへの接続に Outlook Web App またはすべてのユーザーを web 上で Outlook を使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3121838 - 最終更新日: 12/22/2015 22:52:00 - リビジョン: 1.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbprb kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB3121838 KbMtja
フィードバック