Skype 会議メディアの帯域幅要件

はじめに
本資料には、Skype 会議メディアの帯域幅要件に関する情報が記載されています。
詳細情報
Skype 会議メディアの開催者に関する帯域幅要件は、通常の Skype for Business 会議の開催者に対する要件と同じであり、内部会議 (イベント チームのメンバーが Skype 会議メディアに参加する会議) の参加者数およびプレゼンテーションのオプションに依存します。

会議開催者および発表者は、Skype for Business Online のインフラストラクチャでホスティングされている会議に接続することで、内部ネットワークを経由し、パブリック インターネットと接続しています。オンプレミスのプールは使用されないことに留意してください。

ビューアーは、地理的に最も近い Azure Content Delivery Network に接続し、ストリーム配信を行います。すべてのユーザーが同じ場所から参加している場合は、インターネットに対して各ユーザーに単一のストリームが表示されることに留意してください。

Skype 会議メディアは、クライアントの帯域幅に基づいて自動的に解像度を調整します。メディアのビューアーではデスクトップまたはモバイルのブラウザーを使用し、以下のいずれかの解像度で拡大または縮小します。

解像度最大帯域幅
720p1.7 Mbps (MB/秒)
540p850 Kbps (KB/秒)
360p500 Kbps
注: 上記は各帯域での最大値です。Skype 会議メディアにおける帯域幅の値は、使用するメディアの種類 (PPT、オーディオ、ビデオなど) およびページの読み込み回数に依存して変動します。たとえば、PowerPoint のスライドを表示するのみで、次のスライドへ進む動作がないプレゼンテーションで使用する帯域幅は、発表者が動かしてバックグラウンドが常に変わるビデオより少なくて済みます。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3122742 - 最終更新日: 02/18/2016 09:09:00 - リビジョン: 2.0

Skype for Business Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 kb3rdparty KB3122742
フィードバック