BIOS は TPM 2.0 レガシ モードで、するときにメッセージを「TPM が使用できるよう機能が制限」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3123365
現象
MBR のレガシ モードでインストールされているオペレーティング ・ システムがある場合に Windows サーバー ベース オペレーティング システムを使用して、(PC/時) でトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0 です。このような場合には、TPM ユーザー インターフェイスが」TPM が使用できるように、機能が制限されます。」というメッセージが表示されます。
解決方法
[適用先] セクションに記載されているオペレーティング システムで TPM 2.0 は UEFI モードでのみサポートされています。
詳細
TPM 2.0 は、"完全に機能する「UEFI モードにします。TPM が有効になっているとシステムが UEFI モードである必要があり、セキュリティで保護されたブートが構成されているし、次の TechNet の資料に記載されているセキュリティの状態を達成するために有効になっています。


セキュリティで保護されたブートし、TPM の詳細については、次のリソースを参照してください。


サードパーティ情報の免責事項

Microsoft は、適切なテクニカル サポートを見つけやすいようにサード・パーティの連絡先情報を提供しています。この連絡先情報は予告なく変更する可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3123365 - 最終更新日: 12/09/2015 16:46:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Preview, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 for Embedded Systems, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2016 Technical Preview

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3123365 KbMtja
フィードバック