RemoteApp アプリケーションの動作の互換性について

現象
アプリケーションを RemoteApp として動作させた際に、ローカルコンピュータ上での動作と挙動が異なる場合があります。

RemoteApp では、ネットワークの通信量の節約やアプリケーションの動作の整合性を保つために、内部的に一部のウィンドウメッセージの変換が行われています。

この結果、RemoteApp アプリケーション上では、全てのウィンドウメッセージが通常どおりに通知されるとは限らず、アプリケーションによっては意図しない現象が発生することがあります。



例えば、Windows 10 の仮想デスクトップ機能を利用して複数のデスクトップを作成した場合、RemoteApp アプリケーションへ WM_MOUSEACTIVATE メッセージが通知されません。
原因
Windows 10 の仮想デスクトップ機能と RemoteApp アプリケーションの組み合わせによる整合性を保つため、WM_MOUSEACTIVATE メッセージは DefWindowProc によって処理されます。

WM_MOUSEACTIVATE メッセージに対して何らかの処理を行っているアプリケーションでは、意図しない現象が発生することがあります。

状況
この動作は仕様です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3123412 - 最終更新日: 09/29/2016 16:05:00 - リビジョン: 2.0

  • KB3123412
フィードバック