現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOW TO] Exchange 2000 Server でシステム マネージャにルーティング グループと管理グループを表示する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP312411
概要
管理グループとは、共通のアクセス許可のセットを持つ Exchange オブジェクトの集合です。ルーティング グループは、共通のルーティング操作を実行できるようにサーバーを 1 つにまとめるのに便利な手段です。フォレストの最初のサーバーをインストールする場合には、管理グループとルーティング グループが自動的に作成されます。ただし、続いて Exchange 2000 サーバーをインストールするときには、サーバーを追加する管理グループとルーティング グループを指定する必要があります。

ルーティング グループの表示は、ネイティブ モードでのみ行うことができます。

先頭に戻る

必要条件

  • Exchange 2000 Server を実行しているサーバーに Administrator としてログオンしていること
先頭に戻る

システム マネージャにルーティング グループと管理グループを表示する


  1. [Microsoft Exchange] プログラム グループから [システム マネージャ] を起動します。
  2. 最上位のノードを右クリックし、ショートカット メニューで [プロパティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ルーティング グループを表示する] および [管理グループを表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  4. システム マネージャを再起動する必要があることを告げるメッセージ ボックスで [OK] をクリックした後、システム マネージャを再起動します。
  5. コンソール ツリーに、[管理グループ] という名前のコンテナが表示されます。このノードを展開します。
  6. [最初のルーティング グループ] オブジェクトの中の [メンバ] コンテナをクリックします。使用しているサーバーが、[最初のルーティング グループ] 内のマスタ サーバーになっています。
先頭に戻る


関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 312411 (最終更新日 2002-04-09) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:312411 - 最終更新日: 04/09/2002 14:16:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbhowto kbhowtomaster KB312411
フィードバック