2015年 11 月の累積的な Skype のビジネス サーバー 2015 年グループ コール ピックアップの 6.0.9319.102 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3124205
現象
この累積的な更新が新しいグループを呼び出すピックアップその previouslyrelied のための管理タスクを完了するのには Windows PowerShell コマンドレットのセットを紹介しますSEFAUtil ツールです。適用した後、 2015年 11 月の累積的な更新プログラム 6.0.9319.102、コール ピックアップのグループを管理するには、コマンドレットの新しいセットを使用して、マイクロソフトの Skype ビジネス サーバー 2015年管理シェルの.これらのコマンドレットを使用して、次のタスクを実行できます。
  • 実行します 新しい-CsGroupPickupUserOrbitエンタープライズ VoIP のユーザーに新しいグループ ピックアップの回り込みの番号を割り当てるにはコマンドレットです。
  • 実行します Get CsGroupPickupUserOrbitエンタープライズ VoIP のユーザーに割り当てられているグループ ピックアップの軌道の数を取得するコマンドレットです。
  • 実行します セット CsGroupPickupUserOrbitコマンドレットは、エンタープライズ VoIP ユーザーを変更するには、グループのピックアップの軌道の番号が割り当てられます。
  • 実行します 削除 CsGroupPickupUserOrbitエンタープライズ VoIP ユーザーの関連付けられたグループ ピックアップの回り込みを削除するコマンドレットです。
この更新プログラムを適用する方法
この累積的な更新プログラムをインストールするには、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報に記載されている手順に従ってください。

3061064 ビジネス サーバー 2015年の Skype 用の更新プログラム

注: <b>累積的なサーバー更新プログラムのインストーラーには、1 回の操作で適切なサーバー ロールのすべての更新プログラムが適用されます。

コマンドレットの使用可能な overWindows を作成するには、PowerShell のリモート管理、更新プログラム CsAdminRoleを実行するコマンド、Skype から 1 回ビジネス サーバー管理シェル。
詳細
コマンドレットの例と使用法に関する詳細については、次を参照してください。 Skype ビジネス サーバー コマンドレットのインデックスの.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3124205 - 最終更新日: 12/24/2015 03:34:00 - リビジョン: 2.0

Skype for Business Server 2015

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3124205 KbMtja
フィードバック