オフライン作業時にキャッシュされたファイルを開こうとするとエラー メッセージ "このファイルはありません" が表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP312473
現象
オフラインで作業しているとき、ローカルにキャッシュされた一部のファイルの名前が変更されます。ファイル名が変更された後にファイルを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
There was an error opening this document the file does not exist
原因
この問題が発生するのは、短いファイル名機能が無効になっている場合、名前の長さが 9 文字あるオフラインのキャッシュ ファイルの名前が変更されるためです。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版サービスパック 3 以降に含まれております。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 312473 (最終更新日 2002-01-03) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:312473 - 最終更新日: 03/24/2006 01:27:00 - リビジョン: 1.5

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kberrmsg kbbug kbfix kbshell kbwin2000presp3fix kbwin2000sp3fix kbhotfixserver KB312473
フィードバック