PKMCDO を使用してプログラムを Visual C# でのフォルダーにドキュメントをアップロードする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:312541
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
注意が必要です。 ADO と ADO MD がテストされていません完全 Microsoft .NET Framework 環境で。 サービス ベースのアプリケーションで特にまたはマルチスレッド アプリケーションでこれらには、断続的な問題はあります。 ADO.NET への移行中では、この資料で説明する手法を一時的なメジャーとして使用するのみ必要があります。 互換性の問題がないことを確認する完全なテストを実施する後にこれらの手法を使用するだけ必要がありますです。 この方法の ADO と ADO MD を使用して発生する任意の問題はサポートされていないです。 詳細については、「次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
840667 .NET Framework アプリケーションで ADO と ADO MD を使用すると、予期しないエラーが表示されます。
概要
この資料でマイクロソフトの公開とサポート技術情報の管理コラボレーション データ オブジェクト (PKMCDO) Web Storage System を使用して Microsoft Visual C# を使用して、Microsoft SharePoint Portal Server ワークスペースでドキュメント ライブラリ フォルダーにドキュメントをアップロードする方法について説明します。
詳細
PKMCDO 使用して、SharePoint Portal Server ワークスペースでドキュメント ライブラリ フォルダーにドキュメントをアップロードするには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Visual Studio .NET または Microsoft Visual Studio 2005 を起動します。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ プロジェクト ] をクリックします。
  3. [ プロジェクトの種類 ] の [ Visual C# プロジェクト にします。

    メモ Visual Studio 2005 で [ Visual C# プロジェクトの種類 します。
  4. [ テンプレート ] で [ コンソール アプリケーション ] を選択して、[ OK] をクリックします。

    既定では、Class1.cs は Visual Studio .NET で作成されます。 Visual Studio 2005 Program.cs が作成されます。
  5. 参照、Microsoft PKMCDO Web Storage System ライブラリを追加します。 手順は次のとおりです:
    1. [ プロジェクト ] メニューの [ 参照の追加 ] をクリックします。
    2. [ COM ] タブをクリックしては、 Microsoft Web 記憶域システム ライブラリの Microsoft PKMCDO 、して [ 選択 ] をクリックします。

      メモ Visual Studio 2005 で の選択 ] をクリックする必要はありません。
    3. [ 参照の追加 ] ダイアログ] ボックスに、 [OK] を選択します。
    4. 選択したライブラリに対してラッパーを生成するメッセージが表示される場合、 [はい] </a0> をクリックします。
  6. 手順 5 を参照して、ActiveX データ オブジェクトの 2. 6 ライブラリを追加を繰り返します。
  7. というコメントが表示、既存のクラスに次のコードを挿入"TODO: ここでアプリケーションを起動するコードを追加:"
    // TODO: Add code to start application here.PKMCDO.KnowledgeDocument oDoc = new PKMCDO.KnowledgeDocument();PKMCDO.KnowledgeFolder oFolder = new PKMCDO.KnowledgeFolder();ADODB._Stream oWrkStream;  //TODO: Change the following variables to reflect your SharePoint Portal Server environment.String sHref="http://<ServerName>/<WorkspaceName>/documents/testdoc.txt"; String sFilePath = "c:\\testdoc.txt" ;String sAuthor = "AuthorName";String sTitle = "TestDoc.txt";String sDesc = "Test Description";Object vEmpty = Missing.Value;oWrkStream = (ADODB._Stream )oDoc.OpenStream(        vEmpty,        PKMCDO.EnumKnowledge_StreamOpenSourceType.pkmOpenStreamUnspecified,        "",        PKMCDO.ConnectModeEnum.adModeReadWrite,        "",        "");    oWrkStream.Type = ADODB.StreamTypeEnum.adTypeBinary;oWrkStream.SetEOS();oWrkStream.LoadFromFile(sFilePath);oWrkStream.Flush();oDoc.Author = sAuthor;oDoc.Title = sTitle;oDoc.Description = sDesc ;oDoc.DataSource.SaveTo (        sHref,        null,        PKMCDO.ConnectModeEnum.adModeReadWrite,        PKMCDO.RecordCreateOptionsEnum.adCreateNonCollection,        PKMCDO.RecordOpenOptionsEnum.adOpenSource,        "" ,         "");                          oDoc = null;oWrkStream= null;
  8. Class1.cs を行 1 の後に次のステートメントを挿入:
    using System.Reflection;
  9. TODO コードでは、検索して、環境のコードを変更します。
  10. F5 キーを押してプログラムをビルドし、実行します。
  11. Internet Explorer で、SharePoint Portal Server フォルダーをロードしてから、ドキュメントが表示されることができますを確認してしてください。
関連情報
詳細については、SharePoint ポータルのサーバー ソフトウェア開発キット (SDK) を参照してください。
Microsoft Web Storage System、アップロード、ドキュメント、SPS の Microsoft PKMCDO

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:312541 - 最終更新日: 01/17/2015 00:19:55 - リビジョン: 3.4

Microsoft Visual C# 2005 Express Edition, Microsoft Visual C# .NET 2003 Standard Edition, Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition, Microsoft SharePoint Portal Server 2001

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmsg kbmt KB312541 KbMtja
フィードバック