操作の管理スイートの契約時の問題をトラブルシューティングする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3126513
概要
この資料には、一連手順では、プロシージャにはが含まれていて、モードのクライアントと直接のエージェントのアクセス操作の管理スイート (OMS) の両方の統合オペレーション マネージャーのトラブルシューティングのヒントを添付します。

次のトピックを取り上げてください。

オペレーション マネージャーの登録エラー

Operations Manager (OpsMgr) の管理グループを登録するときに発生する 2 つのエラー メッセージについて説明します。

プロキシの登録または構成の手順

運用情報へのトラフィックを許可する (それらがある) 場合にプロキシ サーバーを構成する方法について説明します。

登録後の展開を確認します。

Operations Manager の統合モードの接続と直接接続されているエージェントの両方に、トラブルシューティングの手順を提供します。検索する一般的なエラーと同様に、データ フローを確認する方法およびそれらを修正する方法についても説明します。

Operations Manager はその他の既知の問題と回避策

Operations Manager から契約時の運用上の情報に関連するその他の他の問題について説明します。
詳細

オペレーション マネージャーの登録エラー

エラー 2200

OMS オペレーション マネージャーの管理グループに接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー 2200年: アドバイザー サービスに登録できません。システム管理者に問い合わせてください。

この問題は、次の条件のいずれかで発生する可能性があります。
  • Operations Manager との統合を行う前に、OMS のワークスペースは作成されませんでした。この問題を解決するには、Microsoft.com\OMS サイトに移動し、最初にワークスペースを作成します。次に、同じアカウントを使用する契約時を実行してください。
  • 最新の必要な更新プログラムのロールアップをインストールした後は、OpsMgr の管理グループに必要な管理パックがインポートされませんでした。この問題を解決するには、OpsMgr コンソールを開き、管理ビューに移動して、管理パックをインポートするオプションを選択し、します。%SystemDrive%\Program 更新プログラムのロールアップの Files\System センター 2012 SP1\Operations Manager\Server\Management パックに移動し、このフォルダーに管理パックをインポートし、次に、します。操作が完了するとすぐに、コンソールを再起動し、契約時もう一度やり直してください。

エラー 3000

OMS を OpsMgr の管理グループを接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー 3000: アドバイザー サービスに登録できません。システム管理者に問い合わせてください。

この問題は、次の条件のいずれかで発生する可能性があります。
  • サーバーの時計が 5 分以上の現在の時刻と同期していない可能性があります。現在の時刻が一致するようにサーバーの時計の時刻を変更することによってこの問題を解決できます。これを行うには、管理者は、タイム ゾーンを確認するのには、 w32tm/tzを実行し、 w32tm の/resyncを実行して、時刻を同期するのには、コマンド プロンプトを開きます。

    <b>同期が保たれます (つまりは、会社のタイム サーバーと同期) をコンピューターの時計には場合でもが、Azure の仮想マシンのいずれかと同期していない可能性があります。誤差の許容時間は 5 分のみであるため、これは、頻繁に問題です。インターネット上の信頼できるタイム サーバーと同期することを確認します。さらに、管理サーバー、または、consoler を実行するコンピューター上の詳細なトレースを有効にすることによってこの種の問題をトラブルシューティングできます。Operations Manager でのトレースの詳細については、次の資料を参照してください。
    942864 Center Operations Manager 2007 のシステムと System Center Essentials では、診断トレーシングを使用する方法
    基本的には、次のコマンドを実行する必要があります。
    StartTracing.cmd VER - reproduce the issue – StopTracing.cmd FormatTracing.cmd
    出力トレース ファイルで、できませんでしたまだ有効であるか有効期限が切れたためにトークンが拒否されたことを示す例外を検索する必要があります。
  • 内部プロキシ サーバーまたはファイアウォールにアドバイザーのサービス エンドポイントへの通信をブロック可能性があります。次のセクションには、これらの問題をトラブルシューティングする方法に関する詳細情報が含まれています。

プロキシの登録または構成の手順

内部プロキシ サーバーまたはファイアウォールは、アドバイザーのサービス エンドポイントへの通信をブロックされて、登録が失敗する可能性があります。または、登録が完了したら、OpsMgr の通信が失敗します。管理サーバー、コンソール、および通信機能を運用上の洞察力の直接のエージェントに通信し、許可する必要があるエンドポイントの種類について説明します。

手順 1: サービス エンドポイントに対して例外を要求します。

次のドメインおよび Url は、Azure 運用情報の Web サービスにアクセスする管理サーバーのプロキシ、ファイアウォール経由でアクセスできるする必要があります。

一部のプロキシ サーバーは、HTTPS 検査をバイパスする必要があります。これを必要とする URL は、次の表に記載されています。

管理サーバー
URLHTTPS 検査をバイパスします。ポート
service.systemcenteradvisor.com443
*. service.opinsights.azure.com443
scadvisor.accesscontrol.windows.net443
scadvisorservice.accesscontrol.windows.net443
*.blob.core.windows.net/*X443
data.systemcenteradvisor.com443
ods.systemcenteradvisor.com443
*. ods.opinsights.azure.comX443
*. systemcenteradvisor.com443

<b>予定されている、一部のソリューション (セキュリティや監査など)、これらのシナリオで送信されるデータ量が増えるためにエージェントがレポートのデータ クラウドへの直接 OpsMgr に報告する際にも、管理サーバーでのキュー、OpsMgr の管理グループから構成を受信します。これらのシナリオで、次のドメインとポートできる必要がありますもプロキシやファイアウォールにします。

URLHTTPS 検査をバイパスします。ポート
*. ods.opinsights.azure.comX443

<b>プロキシの次の手順 2 で指定した設定は、OpsMgr のクライアント エージェント] に自動的に反映されます。
オペレーション マネージャー コンソール
次のドメインおよび Url は、アドバイザー web ポータルと、Operations Manager コンソール (Azure 運用洞察するには、' 登録' を実行するには) を表示するのにはファイアウォール経由でアクセスする必要があります。

リソースHTTPS 検査をバイパスします。ポート
*. systemcenteradvisor.com80、443
*. live.com80、443
* .microsoft.com。80、443
*. microsoftonline.com 80、443
login.windows.net80、443

また、使用しているコンピューターで Internet Explorer のプロキシが正しく設定されていることを確認してください。貴重な SSL 対応の web サイトに次のように接続を試すことができます。 https://www.bing.com HTTPS 接続が機能することを確認します。ブラウザーから HTTPS 接続が機能しない場合、おそらく Operations Manager コンソールから、またはクラウド内の web サービスと通信するサーバー モジュールでは、動作しないも。
直接接続されるエージェント
直接エージェントは、ワークスペースへの接続に資格情報を使用できません。代わりに、ワークスペースの ID とキーを入力する必要があります。登録のためのこれらの資格情報を使用し、エージェントを登録すると、証明書が使用します。直接のエージェントは、次の宛先にのみ接続する必要があります。

URLHTTPS 検査をバイパスします。ポート
*.blob.core.windows.net/*X443
*. oms.opinsights.azure.comX443
*. ods.opinsights.azure.comX443
ods.systemcenteradvisor.com443

アドバイザー サービスに OpsMgr の環境での登録が完了したら後、は、2、3、およびアドバイザーの Web サービスにデータを送信するように管理サーバーを許可するのには 5 の手順に従います。手順 4 は、最新の更新プログラムをインストールしていない場合にのみ、必要に注意してください。

手順 2: OpsMgr コンソールでプロキシ サーバーを構成します。

  1. OpsMgr のコンソールを開きます。
  2. 管理ビューに移動します。
  3. システム センターのアドバイザー ] ノードの下には、アドバイザーの接続を選択します。
  4. プロキシ サーバーの構成] をクリックします。

  5. アドバイザー Web サービスへのアクセスにプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスを選択します。
  6. Http://proxyserver:port 形式でプロキシ アドレスを指定します。

    プロキシ アドレス

手順 3: がプロキシ サーバーが認証を必要とする場合に、OpsMgr の資格情報を指定します。

プロキシ サーバーで認証が必要な場合は、OpsMgr RunAs アカウントのいずれかを指定およびシステム センター アドバイザーを実行とプロファイル プロキシに関連付けることできます。
  1. OpsMgr のコンソールで管理ビューに移動します。
  2. RunAs の構成] ノードの下には、プロファイルを選択します。
  3. システム センター アドバイザーを実行とプロファイル プロキシを開く] をダブルクリックします。

    System Center のアドバイザーは、プロファイルのプロキシとして実行します。
  4. クリックして追加 RunAs アカウントを追加します。1 つを作成するか既存のアカウントを使用することができます。このアカウントには、プロキシを通過するための十分なアクセス許可が必要です。
  5. オペレーション マネージャーの管理サーバーのグループを対象にするようにアカウントを設定します。
  6. ウィザードを完了し、変更を保存します。

手順 4: 各 OpsMgr の管理サーバーのマネージ コードでプロキシ サーバーを構成します。

一般的なエラーを報告するためのものでは、Operations Manager でその他の設定があります。ただし、その設定を有効にすると、プロキシの設定も最終的アドバイザー コネクタの機能に影響します。これは、同じモジュールは、複数のワークフローで使用することがあるために発生します。そのためです。マイクロソフトでは、各管理サーバーに、同じプロキシ サーバーをプロキシ サーバーを設定することをお勧めします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. OpsMgr のコンソールで管理ビューに移動します。
  2. デバイスの管理を選択し、[管理サーバー ] ノードを選択します。
  3. 右クリックし、(いずれかの時点で)、各 MS のプロパティ] を選択し、[プロキシの設定] タブでプロキシの設定。

登録後の展開を確認します。

手順 1: は、適切な管理パックを Operations Manager 環境にダウンロードすることを確認します。

運用の情報ポータルで有効にしていること (旧称・ インテリジェンス ・ パック) ソリューションによっては、表示されるいくつかまたは、すべての管理パックの次のスクリーン ショットで。キーワード「アドバイザー」や「ソリューション」、その名前で検索し、を有効にするソリューションは、対応する管理パックがインストールされているであるどうかを確認します。



PowerShell からこれらの管理パックの次のコマンドを使用してもチェックできます。
get-scommanagementpack | where {$_.DisplayName -match 'Advisor'} | select Name,DisplayName,Version,KeyToken
get-scommanagementpack | where {$_.DisplayName -match 'Advisor'} | select Name,DisplayName,Version,KeyToken | Out-GridView
<b>容量ソリューションのトラブルシューティングを行う場合は、。「容量」が含まれている名前を持つある方法の多くの管理パックを確認します。ありますが、2 つの管理パックを同じ表示名を持つ、同じ管理パック バンドルに付属している別の内部 Id。(多くの場合があるため VMM の依存関係がありません) 2 つのいずれかのインポートを取得しないいない場合、その他の管理パックがインポートされたかも。

「容量」に関連する次の 3 つの管理パックを参照してくださいする必要があります。
  • Microsoft System Center のアドバイザー能力・ インテリジェンス ・ パック
  • Microsoft System Center のアドバイザー能力・ インテリジェンス ・ パック
  • Microsoft System Center のアドバイザーの容量のストレージ ・ データ
表示された場合のみのいずれか、またはこれらの 2 つ、削除して、オペレーション ・ マネージャーをダウンロードし、それらを再度インポートするのには 5 ~ 10 分間待ちます。、失敗した場合は、この期間中にイベント ログでエラーを確認してください。

手順 2: は、直接のエージェントに適切なソリューションをダウンロードすることを検証します。

直接のエージェントでC:\Program ファイル監視 Agent\Agent\Health サービス State\Management パックのパスにキャッシュされているソリューション ・ コレクション ・ ポリシーを参照してくださいする必要があります。


手順 3: データ送信されているアドバイザー サービスを検証する (または、少なくともに、送信を試行)

  1. パフォーマンス モニターを開きます。
  2. 正常性サービスの管理グループを選択します。
  3. HTTPで始まるすべてのカウンターを追加します。

  4. 構成が正しい場合は、イベントとこれらのカウンターのアクティビティを参照してくださいする必要がありますおよびその他のデータのアップロード (ポータルと構成済みのログ ・ コレクション ・ ポリシーに読み込まれるソリューションに基づく)。これらのカウンターを継続的にビジー状態である必要は必ずしも。ただし、ほとんどまたはまったくないアクティビティが表示される場合があります多くのソリューションに追加していないことや、非常に軽量のコレクション ・ ポリシーがあること。

管理サーバーまたはエージェントを直接イベント ログでエラーを確認して手順 4。

最後の手順では、すべての上記の手順が失敗した場合は、確認、イベント ビューアー : にエラーがあるかどうか >アプリケーションとサービス– > Operations Managerイベント ログです。イベント ソースでフィルター:アドバイザー、正常性サービス モジュール、切り替えて、およびサービス ・ コネクタ(この最後の 1 つにのみ適用されます直接エージェント)。これらのイベントをコピーしてそれを投稿 フィードバックのフォーラムで 製品チームに提供できるように追加するに役立ちます。これらのイベントのほとんどは、直接のエージェントでも存在し、トラブルシューティングの手順と似ています。OpsMgr の統合環境と直接のエージェントを使用して 1 つの間で相違がある部分だけは、登録プロセスです。
  • Operations Manager に接続している場合、ウィザードでは、ユーザーまたは管理者として、ワークスペースを選択することができますブラウザーの統合があります。OpsMgr の証明書を交換するための処理し、運用上の情報を管理パックのダウンロードとデータ転送の場合に使用します。
  • 直接エージェントを使用している、だけでコピーして貼り付ける、ワークスペースの ID とキー、およびそれが実は、これらのエージェントに登録している方の検証に使用された場合、そのワークスペースを所有します。、認証の完了後証明書が交換ボンネットと同様の方法でサービスを OpsMgr が統合されたとき。
これらのイベントのほとんどは、両方の種類のレポート作成インフラストラクチャに適用されます。イベント ビューアー : 開く >アプリケーションとサービス: >運用マネージャーおよびイベント ソース フィルター:アドバイザー、正常性サービス モジュール、切り替えてサービス ・ コネクタ(この最後の 1 つにのみ適用されます直接エージェント)。



次の表には、いくつかプログラムが正常に実行されない可能性がありますが表示されているイベントにはが含まれています。
イベント Idソース意味解決策
2138正常性サービス モジュールプロキシには、認証が必要です。手順 3 を実行して、上記の手順 1。
2137正常性サービス モジュール認証証明書を読み取ることができません。アドバイザー登録ウィザードを再実行すると、証明書または runas アカウントを修正します。
2132正常性サービス モジュール権限がありません。証明書やサービスへの登録に問題が生じることです。証明書」および「runas アカウントを修正するように、アドバイザーの登録ウィザードを再度実行してください。また、ごと、上記の手順 1 の除外を許可するし、手順 3 を 1 回の認証を確認するのにはプロキシが設定されているを確認します。ユーザーがプロキシ経由のアクセスを持っていることを確認もします。
2129正常性サービス モジュール接続に失敗した/失敗した SSL ネゴシエーションサーバー上のいくつかの不正な TCP 設定可能性があります。詳細については、コミュニティからは、この post を確認します。 http://jacobbenson.com/?p=511。
2127正常性サービス モジュール障害がデータを送信するエラー コードを受信しました。のみ発生する場合に無視できるランダム異常だけ可能性があります。発生する頻度を理解するを監視します。多くの場合に発生した場合 (各 10 分、1 日を通して)、これは問題では。登録ウィザードを再実行して、プロキシ設定、ネットワーク構成を確認してください。のみ発生する散発的 (すなわち、いくつかの 1 日 1 回) 場合、全てうまくいくでしょう、データがキューに登録し、再送信します。
HTTP エラー コードの一部により、いくつかの特別な意味があります。などの MMA の直接のエージェントまたは管理サーバーに弊社のサービスにデータを送信しようとすると最初に、エラーが発生 500 と内部 404 のエラー コード。404 は、存在しなかった場合、非常に準備ができていないこと、ストレージ領域を使用のお客様のこの新しいワークスペースのことを示しますが、(準備中ですが) を意味します。次の再試行の準備が完了になります、フローが期待どおりに作業が開始されます。
403 エラーは、アクセス許可または資格情報の問題を示している可能性があります。この投稿の直接のエージェントの特定のセクションの下の 403 エラーの詳細については。
2128正常性サービス モジュールDNS 名前解決に失敗しましたサーバーは、データを送信するときに使用するインターネット アドレスを解決できません。お使いのコンピューターや不正なプロキシ設定では、おそらく一時的な問題が DNS プロバイダーの DNS リゾルバーの設定があります。だけ時に、常に、または、どうなるかどうかに応じて、前のイベントのようなかに、問題がある可能性があります。
2130正常性サービス モジュールタイム ・ アウトだけ時に、常に、または、どうなるかどうかに応じて、前のイベントのようなかに、問題がある可能性があります。
4511切り替えてモジュール"System.PublishDataToEndPoint"-ファイルが見つかりませんを読み込むことができません。エラー コードで失敗しました"System.PublishDataToEndPoint"(CLSID"{D407D659-65E4-4476-BF40-924E56841465}") の種類のモジュールの初期化、システムは、指定されたファイルを見つけられません。

このエラーは、コンピューターに必要なモジュールが含まれていない古い Dll があることを示します。修正プログラムは、最新の更新プログラムのロールアップ パッケージに、管理サーバーを更新します。
4502切り替えてモジュールがクラッシュしました。このメッセージが表示 CollectInstanceSpace や CollectTypeSpace などの名前を持つワークフローの場合、サーバーにデータが送信されるという問題が発生を意味する可能性があります。によって発生する頻度、かに、問題がある可能性があります。発生した問題では間違いなく以上のすべての時間場合、ただしのみ 1 日あたり 1、2 回失敗した場合はそれがうまくいき、回復できる必要があります。モジュールが実際に失敗した方法によって (説明の詳細であるが) 設置問題可能性があります (例: データベースに収集するために) またはクラウドに送信する問題。ネットワークとプロキシ設定を確認し、それでも失敗する場合、切り替えてを再起動してください。
4501切り替えてモジュール「System.PublishDataToEndPoint」がクラッシュしました。型のモジュール「System.PublishDataToEndPoint」が報告されたエラー 87 L ルール id を持つインスタンスのオペレーション マネージャーの管理グループ」を実行している、"Microsoft.SystemCenter.CollectAlertChangeDataToCloud"の一部として実行する:"{6B1D1BE8-EBB4-B425-08DC-2385C5930B04}"の管理には、"SCOMTEST"をグループ化します。

表示しないようにこのワークフロー、モジュール、およびエラーをもはや正確なこれ。バグをするために使用しますに固定されます。ここで追跡されていた http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6714689-alert-management-intelligence-pack-not-sending-ale
4002サービス コネクタサービスでは、クエリへの応答の HTTP ステータス コード 403 が返されます。サービスの稼働状態のサービスの管理者に確認してください。クエリを後で再試行されます。エージェントの最初の登録段階で、403 を得ることができ、次のような URL が表示されます。
https://<YourWorkspaceID>.oms.opinsights.azure.com/ AgentService.svc/AgentTopologyRequest

エラーコード 403許可されていませんを意味します。これは、通常、ワークスペースの ID とキーの入力ミスや、クロックが同期されていない (のと同じように ' エラー 3000' 先頭にこの資料の) – 詳細を参照してください </YourWorkspaceID>ここで

手順 5: データを送信して、それをポータルでインデックスを作成するエージェントを探します

運用の情報ポータルで、コンピューターを報告しているかどうかを確認するを確認します。[概要] ページからは、ブルーの設定の大きなタイルに移動します。構成によって最初または最後のタイルがあります。設定接続されている「ソース」タブををクリックしてします。このページでは、各列では、OI (直接接続されているサーバー、管理グループのオペレーション ・ マネージャーと Azure ストレージ アカウント) に接続されている別のデータ ソースの種類を表します。青色の"X サーバーと管理グループまたはストレージ アカウントを接続」をクリックしより詳細な情報を検索することにより、します。このページでは、接続されている個々 の管理グループの一覧も表示されます。これらの管理グループのいずれかをクリックするとも表示されますを検索し、この管理グループに接続されているサーバーの一覧を表示します。

<b>このページのレポートとデータ ソースが表示されている場合に必ずしもソースからデータを収集しました。ここではこのページからの検索へのドリルと矛盾する結果が表示されることができます (例: データ ソースが接続されているソースの一覧が表示されますが、検索を行うにはありません)。データの収集が開始されると、IP アドレスとは、ログの収集から一貫性のある検索結果になります。


エンジニア リング チームは、すべての契約時の問題を解決するためにコミットされたアドバイザーにお問い合わせください私たちの問題が発生した場合。当社が支援します。

Operations Manager はその他の既知の問題と回避策

「、コンピューターまたはグループの追加」ダイアログ ボックスで、検索ボタンが表示されない

コンピューターの検索] ダイアログ ボックスで [検索] ボタンが不足していることが報告されています。現在これを調査します。一時的な回避策として(省略可能) フィルターの編集ボックスをクリックし、非表示の検索] ボタンを表示するタブ キーを押します。<Spacebar>を押すと、ボタンをアクティブにする、または<Enter>キー。

</Enter></Spacebar>

IIS ログの収集に関する問題

次の資料には、最適な他の既知の問題と同様に運用上の洞察力は、使用するための IIS ログを構成する方法に関する特定の情報が含まれています。

http://blogs.technet.com/b/momteam/archive/2014/09/19/iis-log-format-requirements-in-system-center-advisor.aspx

この資料の情報の一部は、直接のエージェントにも適用されますが、Operations Manager の主なターゲットとします。直接のエージェントを使用して IIS に関する追加情報も含まれています。

ボルティモア CyberTrust ルート証明書がインストールされていない場合、接続の問題が発生する可能性があります。


次の条件に該当するときにクライアント コンピューターに接続の問題があります。
  • クライアント コンピューター Microsoft Intune を使用していて、ルートの自動証明書のメカニズムが無効になっています。
  • ボルティモア CyberTrust ルート証明書がインストールされていません。

この問題を解決するには、自動のルート証明書の更新メカニズムがクライアント コンピューターで無効にすると、クライアント コンピューターが最新かつ安全であることを確認するのには、最新のルート証明書をインストールします。Microsoft 更新プログラム カタログを使用すると、最新のルート証明書の更新プログラムを検索します。Windows のルート証明書プログラム (931125) の"ルートのいずれかのマイクロソフト サポート技術情報番号を検索し、ルートの最新の更新プログラム パッケージをダウンロードできます。ルートの更新プログラム パッケージは累積的であるため、プログラムのすべてのルート証明書を受信するのには最新のパッケージのみをインストールする必要があります。

詳細についてはこの問題を参照してください、次のマイクロソフト サポート技術情報記事。

2831435 ボルティモア CyberTrust ルート証明書が Microsoft Intune を使用するクライアント コンピューターにインストールされていない場合、接続の問題が発生する可能性があります。

特定の暗号化アルゴリズムおよび schannel.dll のプロトコルの使用を制限する方法

特定の暗号化アルゴリズムおよび schannel.dll ファイル内のプロトコルの使用を制限する必要がある場合があります。これを行う方法の詳細については、次のサポート技術情報資料を参照してください。

245030 特定の暗号化アルゴリズムおよび Schannel.dll のプロトコルの使用を制限する方法

SQL と AD の評価

SQL と AD の評価は、評価するには、各エージェントで実行するのには、.NET Framework 4 を必要があります。分析では、(AD) の SQL Server コンピューターとドメイン コント ローラーを実行します。SQL の評価には、標準、開発者、およびエンタープライズ エディションの SQL Server (すべての現在サポートされているバージョン) がサポートされています。

マルウェアの評価

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の説明し、ここで追跡される問題があります。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6519211-windows-server-2008-r2-sp1-servers-are-shown-as-n

このスレッドを次でどのようなマルウェア対策製品が有効になっているを確認できます。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6519202-support-other-antivirus-products-in-malware-assess

直接エージェント固有の情報

'管理サーバー' の「手順 4」の下のテーブルの上に表示されるエラーのほとんどは、直接エージェントにも適用されます。直接エージェントは、各エージェントは、自身で運用上の情報を通信するためのゲートウェイとして機能するためは対照的に報告するエージェントのためのデータを送信する管理サーバーがオペレーション ・ マネージャーと統合されたとき、です。

直接エージェントは、最も一般的な問題は、エラー コード 403 「禁止」を意味します。これは通常キーの入力ミスをした workspaceId です。詳細については、これを取得することができます。 ここで.

直接のエージェントの現在追跡している他のものを以下に示します。

容量管理・ インテリジェンス ・ パックは、直接エージェントでは動作しません。Operations Manager でのみ動作し、Virtual Machine Manager との統合オペレーション マネージャー必要があります。このソリューションは、ここを一般化するためのアイデアを追跡しています。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6662146-open-up-the-capacity-management-pack-for-other-sys

-アラートの管理・ インテリジェンス ・ パックは、直接のエージェントでは動作しません。クラウドにアラートを同期するのには、Operations Manager が必要です。

マルウェアの評価は、上記で説明した Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の問題を除いて動作します。

その更新プログラムの評価、変更の追跡と、既に運用マネージャーと直接のエージェントの両方の Windows イベント ログとログの IIS の機能を収集するためのログ管理ソリューションに注意してください。

必要がある場合さらに、エージェントをインストールする方法についてを含むスクリプトを作成し、無人のメソッドでは、ここでマニュアルを確認しています。

https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/operational-insights-direct-agent/

場合、プロキシを通る直接エージェントのサポートが必要し、するプロキシ サーバーとエージェントで使用する資格情報を構成するのには使用できる、ドキュメント上で PowerShell スクリプトがあります。MMA のインターネットに接続する方法を知ることができる必要がある以外のプロセスの設定がないためアプリケーションに固有です。

Azure で、VM がある場合は、ワンクリックでインストールまたは有効に Azure ポータルからエージェントができます。

http://azure.microsoft.com/en-us/updates/easily-enable-operational-insights-for-azure-virtual-machines/

また、64 ビット バージョンのエージェントが現在もあります。潜在的な 32 ビットのエージェントについてのフィードバックはここで追跡されています。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6744349-support-for-windows-2003-and-2008-servers-32-bit

Windows Azure の診断情報

Azure ポータルの統合を通じて、ログの管理を使用すると、Windows のイベントを Windows Azure の診断 (WAD) の記憶域から収集することもできます。これは、クラウド サービスの役割と WAD に書き込むように構成する IaaS Vm に対して機能します。

WAD から IIS のログを収集動作のクラウド サービスと IaaS の Vm のされていない Azure Web サイトの。これはここで追跡します。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/suggestions/6519351-collect-iis-logs-from-windows-azure-diagnostics-st

チェック アウトし、に関するフォーラム (英語) では、このカテゴリを収集するためにどのような他のアイデアを投票します。

http://feedback.azure.com/forums/267889-azure-operational-insights/category/88086-log-management-and-log-collection-policy

Microsoft Azure ロールと Windows Azure 診断ストレージへの書き込みに Vm を構成する方法の適切な用紙をここでは最後に、します。

http://download.microsoft.com/download/B/6/C/B6C0A98B-D34A-417C-826E-3EA28CDFC9DD/AzureSecurityandAuditLogManagement_11132014.pdf
OpsMgr 2012 R2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3126513 - 最終更新日: 08/06/2016 07:54:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft System Center 2012 Operations Manager, Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager, Microsoft Operations Management Suite

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3126513 KbMtja
フィードバック