UAC が無効の環境下において、管理者ではないユーザー アカウントでは osk.exe(スクリーン キーボード)を起動できない

現象
Windows 8, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2 のいずれかの OS において、UAC (ユーザー アカウント制御)を無効にし、通常ユーザーで osk.exe (スクリーン キーボード) を起動しようとすると、「スクリーン キーボードを起動できません。」とエラー メッセージが表示され、osk.exe を起動できません。また、osk.exe の起動に失敗することでアプリケーション エラーが発生し、イベントID:1000 がアプリケーション ログに記録されます。
また、アプリケーション エラーに伴って Windows エラー報告が有効な環境下ではダンプ ファイルが都度出力されます。

※ UAC が無効とは、[管理者承認モードですべての管理者を実行する] ポリシーを無効化している、もしくはレジストリ値 EnableLUA を 0 に設定している場合を指します。

パス:HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
名前: EnableLUA
原因
osk.exe が UAC 無効な環境を意識しておらず、適切な権限を取得できないために発生します。
解決方法
UAC を有効にすることで、通常のユーザーでも osk.exe を起動することができます。要件によって、UAC が無効である必要がある場合、下記の回避策を実施ください。

回避策
スクリーン キーボードの代わりに、タッチ キーボードを利用します。Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2 環境では、デスクトップ エクスペリエンスの機能を追加することでタッチ キーボードが利用可能となります。

デスクトップ エクスペリエンス追加手順
======================================
1. サーバーマネージャを起動します。
2. 役割と機能の追加を選択します。
3. 役割と機能の追加ウィザードが起動しますので、左のタブから機能をクリックします。
4. 機能の選択画面で、ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ を展開します。
5. デスクトップ エクスペリエンス にチェックを入れ、インストールをクリックします。
6. 再起動します。

タッチ キーボード起動手順
=========================
1. デスクトップ画面下部のタスクバーを右クリックし、[ツールバー] にマウスカーソルを合わせて [タッチ キーボード]をクリックします。
2. タスクバーに キーボード のアイコンが表示されますので、アイコンをクリックし、タッチ キーボードを起動します。

※ ツールバーにタッチ キーボードが表示されない場合は、[コンピューターの管理] - [サービス] の一覧から Touch Keyboard and Handwriting Panel Service
   を開始します。


また、下記方法にて osk.exe の起動抑止を行う事で、ユーザーへのポップアップ メッセージの通知、並びにアプリケーション エラーの回避が行えます。

<osk.exe の起動を禁止するには>

ソフトウェアの制限のポリシーを適用することにより、osk.exeを起動しようとした場合に以下のメッセージが表示されて起動が抑止され、アプリケーション エラーは発生しません。

「システム管理者によりこのプログラムはブロックされています。詳細はシステム管理者に問い合わせてください。」

なお、本ポリシーを適用しても、ログオン画面であれば osk.exe を起動できます。このため、ユーザーのログオン パスワードの入力に osk.exe を使うことに制約は生じません。

ソフトウェアの制限のポリシー設定方法
=====================================
ポリシーの場所 :
  [コンピューターの構成]
    - [Windows の設定]
      - [セキュリティの設定]
        - [ソフトウェアの制限のポリシー]

1. ソフトウェアの制限のポリシーを使用していない場合は、[ソフトウェアの制限のポリシー] 上で右クリックし、[新しいソフトウェアの制限のポリシー] をクリックします。
2. 右のウィンドウに作成された、[追加の規則] 上で右クリックし、[新しいパスの規則] をクリックします。
3. パスに C:\Windows\System32\osk.exe と入力し、セキュリティ レベルは [許可しない] を選択し、[OK] をクリックして画面を閉じます。

 
状況
マイクロソフトは本事象を認識しています。 
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3127390 - 最終更新日: 09/29/2016 13:04:00 - リビジョン: 3.0

Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 10

  • KB3127390
フィードバック