お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

[XADM] LDAP クエリが MAPI TLH を検索中にタイム アウトすると Microsoft Exchange 2000 Server セットアップが機能しない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP312813
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) クエリが MAPI (Messaging Application Programming Interface) 最上位階層 (TLH) の検索中にタイム アウトすると、Microsoft Exchange 2000 Server のセットアップが正常に機能しない場合があります。
原因
この問題は、Exchange 2000 によって、ScMAPITLHExists のパブリック フォルダ ツリーの検索が最適化されていない方法で行われ、結果のないケースが適切に処理されない場合に発生する可能性があります。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378[XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : システム アテンダント

ファイル名バージョン
Exsetdata.dll6.0.4417.07

状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正済みです。
詳細
この修正プログラムを適用後、大規模な導入環境のセットアップが ScMAPITLHExists で 0x80005000 "Invalid ADSI Path" エラーとなって停止することはなくなります。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 312813 (最終更新日 2002-03-22) をもとに作成したものです。

PFTree fail fails
プロパティ

文書番号:312813 - 最終更新日: 02/13/2014 06:25:35 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000sp2fix kbexchange2000presp2fix KB312813
フィードバック