"HTTP ステータス 404" エラー最近回復された Exchange Server 2013年メールボックス サーバー上のメールボックスの空き時間情報にアクセスするとき

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3128167
現象
最近復元されたマルチロール (クライアント アクセス、およびメールボックス) サーバーに Microsoft Exchange Server 2013年を実行しているメールボックスの空き時間情報サービスにアクセスできません。

この問題が発生した場合は、次のエラーが記録されます。

(Outlook.etl ファイル) を outlook に記録されます。

受信者: user@contoso.com
例外: プロキシ web 要求が失敗しました。、内部例外: HTTP ステータス 404 で要求が失敗しました: が見つかりません。
サーバー名:< problematic="" server="">
例外の種類: ProxyWebRequestProcessingException
応答コード: ErrorProxyRequestProcessingFailed

問題のあるサーバー上の IIS ログします。

/Ews/exchange.asmx - 443- <Client-IP>ExchangeInternalEwsClient-監査ログの 404 0 0 15</Client-IP>の投稿します。
/Ews/exchange.asmx - 443 - <Client-IP>ExchangeInternalEwsClient-監査ログの 404 0 0 15</Client-IP>の投稿します。
投稿/ews/exchange.asmx - 443 - <Client-IP>ASProxy/CrossSite/Directory/EXCH/15.00.0847.030 - 404 0 0 0</Client-IP>
投稿/ews/exchange.asmx - 443 - <Client-IP>ASProxy/CrossSite/Directory/EXCH/15.00.0847.030 - 404 0 0 0</Client-IP>
原因
この問題は、 InternalNLBBypassUrl値が変更されない正しくこの Exchange 2013 のマルチロール サーバー上でディザスタ ・ リカバリ ・ オペレーションが完了後するために発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Exchange Web サービス (EWS) のInternalNLBBypassUrlの値を修正、問題のあるサーバーにします。適切なInternalNLBBypassUrl値を以下にする必要があります。
[https://<problematic server's="" fqdn="">: 444/ews/exchange.asmx
</problematic>

これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

ADSIEdit を使用して、この問題のあるサーバーの EWS のInternalNLBBypassUrlの値を変更します。次に、IIS にMSExchangeServicesAppPoolのアプリケーション プールをリサイクルします。後、アプリケーション プールをリサイクルすると、EWS は正常に動作する必要があります。

方法 2

Windows PowerShell を使用すると、これらの設定を変更できます。

注: <b>ウィンドウ PowerShell では、「有効なサーバーではなく書き込みスコープ」のエラー メッセージを返します。
  1. Windows PowerShell を開始します。
  2. Exchange スナップインを追加します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Add-PSSnapin *exchange*
  3. 次のコマンドを実行します。
    Set-WebServicesVirtualDirectory -Identity "<problematic server>\EWS (Exchange Back End)" -InternalNLBBypassUrl https://<FQDN of the problematic server>:444/ews/exchange.asmx 

プロパティ

文書番号:3128167 - 最終更新日: 01/12/2016 01:44:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3128167 KbMtja
フィードバック