ハイブリッド展開しているユーザーが、Exchange Online で作成した共有メールボックスにアクセスできない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
Office 365 でオンプレミス Exchange Server と Exchange Online をハイブリッド展開しています。Exchange Online に直接共有メールボックスを作成し、1 人以上のユーザーにフル アクセス許可を割り当てます。この場合、以下のいずれか、または複数の問題が発生します。
  • ユーザーが Outlook で共有メールボックスを開けない。
  • ユーザーの共有メールボックスで空き時間情報を確認できない。
  • ユーザーが共有メールボックスにメールを送信できない。
原因
上記の問題は、共有メールボックスを Exchange Online の管理ツールで作成した場合に発生する可能性があります。このような場合、オンプレミス Exchange 環境には共有メールボックスを参照するためのオブジェクトが存在せず、SMTP アドレスへのすべてのクエリが失敗します。
解決方法
オンプレミス環境にリモート メールボックスを作成し、メールボックスを Exchange Online へ移動させてください。
  1. 以下の手順に従い、Exchange Online で Exchange 管理センターから共有メールボックスを通常のメールボックスに変換します。
    1. Exchange Online で Exchange 管理センターを開きます。
    2. [受信者]、[共有] の順にクリックします。
    3. 共有メールボックスを選択し、[変換] をクリックします。
    4. 警告ウィンドウで [はい] を選択し、共有メールボックスを変換します。
  2. Exchange 管理シェルで New-RemoteMailbox コマンドレットを使用し、対象のクラウド メールボックス用のオンプレミス オブジェクトを作成します。このオブジェクトは、クラウド メールボックスと同じ名前、エイリアス、ユーザー プリンシパル名 (UPN) とする必要があります。

    詳細については、「New-RemoteMailbox」を参照してください。
  3. 以下の手順に従い、手順 2 で作成した新規オンプレミス オブジェクトに ExchangeGuid プロパティを設定し、クラウド メールボックスと一致させます。
    1. リモート PowerShell を使用し、Exchange Online へ接続します。手順の詳細については、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
    2. Get-Mailbox コマンドレット使用し、クラウド メールボックスの ExchangeGuid プロパティの値を取得します。例:
      Get-Mailbox <MailboxName> | FL ExchangeGuid
      詳細については、「Get-Mailbox」を参照してください。
    3. オンプレミス Exchange サーバーで Exchange 管理シェルを開きます。
    4. Set-RemoteMailbox コマンドレットを使用し、オンプレミス オブジェクトの ExchangeGuid プロパティの値を、手順 3B で取得した値に設定します。例:
      Set-RemoteMailbox <MailboxName> -ExchangeGuid <GUID>
      詳細については、「Set-RemoteMailbox」を参照してください。
  4. ディレクトリ同期が実施されるまで待機するか、ディレクトリ同期を強制実行します。詳細については、「ディレクトリの同期」を参照してください。
  5. Office 365 ユーザーのオブジェクトが "Synced with Active Directory" (Active Directory と同期済み) と表示されていることを確認してください。
  6. メールボックスを Exchange Online からオンプレミス環境へ移動します。

    詳細については、「2013 ハイブリッド展開においてオンプレミス組織と Exchange Online 組織間でメールボックスを移動する」を参照してください。
  7. Exchange 管理シェルで Set-Mailbox コマンドレットを使用し、メールボックスを共有メールボックスへ変換します。例:
    Set-Mailbox <MailboxName> -Type Shared 
    詳細については、「Set-Mailbox」を参照してください。
  8. メールボックスをオンプレミス環境から Exchange Online へ移動します。

    詳細については、「2013 ハイブリッド展開においてオンプレミス組織と Exchange Online 組織間でメールボックスを移動する」を参照してください。
追加情報
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
Rekvizīti

Raksta ID: 3129334. Pēdējo reizi pārskatīts: 05/19/2016 07:00:00. Pārskatījums: 2.0

Microsoft Exchange Online, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • o365022013 o365 o365a o365e o365m hybrid KB3129334
Atsauksmes