[HOW TO ジャーナルを Outlook 2002 でのすべてのユーザーに対して無効にします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:312959
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料を使用して Outlook 2002 内の特定の項目の履歴保持を無効にするシステム ポリシーを作成することができる方法について説明します。 イベント記録する多く異なる Microsoft Outlook を次のイベントを含む Outlook 2002 でジャーナリング機能を構成することができます。
  • 電子メール メッセージ
  • 会議出席依頼
  • 会議の応答
  • 会議のキャンセル
  • 仕事の依頼
  • タスクの応答
ジャーナリングすべてこれらのイベントは、コンピューターのパフォーマンスが悪化し、ハード_ディスク領域の過剰な量を消費することができます。 前述のイベントのそれぞれの履歴保持を個別に無効にするシステム ポリシーを構成することができます。

back to the top

[グループ ポリシー] スナップインの追加します。

Microsoft 管理コンソール (MMC) に、グループ ポリシー スナップインで追加できます。 これを行うには、次のセクションでの手順は、の使用、次のセクションにそれ以外の場合に進んでください。
  1. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
  2. MMC を入力し、 [OK] を実行します。
  3. [ コンソール ] メニューの [ で [スナップインの追加と削除 ] をクリックします。
  4. [ 追加 ] をクリックします。
  5. [ グループ ポリシー ] をクリックして、[ 追加 ]、 [完了] をクリックします。
  6. [スタンドアロン スナップインの追加 ] ダイアログ ボックスを閉じ、[ OK] をクリックします。
back to the top

Outlook 2002 のポリシー テンプレートを追加します。

Outlook 2002 ポリシー テンプレートは、グループ ポリシー スナップインに追加できます。 これを行うには、次のセクションでの手順は、の使用、次のセクションにそれ以外の場合に進んでください。

: Outlook 2002 の [ポリシー テンプレートは、Microsoft Office XP と共にインストールされます。
  1. クリックして ローカル コンピューター ポリシー を展開します。
  2. クリックして ユーザーの構成 を展開します。
  3. 管理用テンプレート ] を右クリックし、 [テンプレートの追加と削除 を実行します。
  4. [ 追加 ] をクリックします。
  5. OUTLK10.ADM ファイルを開く 、[ 閉じる ] をクリックします。
back to the top

イベントのジャーナルを無効に


システム ポリシーでのイベントの履歴保持を無効にするには次の手順は、使用します。
  1. クリックして ユーザーの構成 を展開します。
  2. クリックして 管理用テンプレート を展開します。
  3. クリックして Outlook 2002 を展開します。
  4. 展開を ツール | オプション
  5. クリックして 設定 を展開します。
  6. クリックして 履歴 を展開します。
  7. [右端] 項目を右クリックし、 プロパティ を実行します。 右 (たとえば、クリック これら Outlook アイテムの履歴を無効に します。)
  8. 個々 のオプションを使用して有効または無効個々 の Outlook 2002 イベントごとのジャーナリングをします。
back to the top


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:312959 - 最終更新日: 02/24/2014 15:38:58 - リビジョン: 3.1

Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB312959 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)