更新プログラムのロールアップ 9 システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3129780
Notice
[更新: 2016 年 2 月 16 日]

元の更新プログラム ロールアップ 9 (UR9) パッケージ (7.5.3079.571) がされ、新しいインストール パッケージ (7.5.3079.607) に置き換えられます。

注:

  • 元の UR9 パッケージ (7.5.3079.571) をインストールした場合、配置の一部のシールされていない管理パックが上書きされていることがわかります。したがって、これらの手順に従います。

    1. 以下のシールされていない管理パックを再インポートします。

      • ServiceManager.IncidentManagement.Configuration.xml
      • ServiceManager.ServiceRequest.Configuration.xml
      • ServiceManager.ProblemManagement.Configuration.xml
      • ServiceManager.KnowledgeManagement.Configuration.xml

    2. UR9 の新しいバージョンを適用する (7.5.3079.607)。

      注: <b>新しい更新プログラム パッケージ (7.5.3079.607) は、公式の UR9 のリリースです。元のバージョン (7.5.3079.571) がサポートされていません。
  • 元の UR9 パッケージ (7.5.3079.571) がインストールされていない場合は、新しいパッケージ (7.5.3079.607) のみを使用して直接配置を更新します。
  • 重要: バージョン7.5.3079.607は、サポートされている UR9 バージョンです。したがって、古い UR9 の更新プログラム (バージョン 7.5.3079.571 または 7.5.3079.601) のいずれかをインストールした場合は、新しい UR9 の更新プログラムをインストールします。
はじめに
この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 サービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 9 で修正される問題について説明します。さらに、更新プログラムのロールアップのインストール手順が含まれています。

このリリースに含まれる更新プログラムのロールアップ

システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラムのロールアップは累積されます。そのため、この更新プログラムのロールアップには、以下の更新プログラムとは、次のシステム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラム ロールアップに含まれるコンテンツの新しいペイロードが含まれています。


ペイロードがこのリリースに含まれていないことに注意してください。 更新プログラムのロールアップ 8.これは、新しい HTML 形式のセルフ サービス ポータルが含まれています、個別にインストールする必要があります。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 1511 と 1602年の system Center 構成マネージャーがサポートされているコネクタの構成マネージャーのこのサービス マネージャーの更新プログラムにします。
  • AD のコネクタは、PowerShell を使用して、LDAP クエリを更新した後、完全な同期を移動します。
  • 更新プログラムのロールアップ 7 をインストールした後、作業項目を更新すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    送信操作を実行できませんでした。前に報告されたエラーを修正するには.
    ユーザー <username></username> 操作を実行するための十分なアクセス許可がありませんでした。


    エラー メッセージ

    複数のアナリスト、アナリスト、およびワークフローに同じ項目に同時に競合する変更で発生する例外には、フィールドと、競合の原因となった値の詳細は含まれません。

    この更新プログラムをインストールした後、発生した例外には、競合する更新を含む、フィールド (およびその値) の詳細情報が含まれています。そのため、アナリストは、競合が解決した後、変更を保存できます。
  • サービス マネージャー コンソールでは、変更があり、DCM インシデントの法令遵守の不履行の問題が発生する設定に関する詳細な情報は表示されません。
  • オーケストレータから削除されると、関連付けられている Runboook ジョブ、Runbook 活動による状態は変わりません。
  • SQL CoreEnterprise64 が認識されない、enterprise edition とサービス マネージャーで。
  • 更新プログラムのロールアップ 7 をインストールした後、Active Directory コネクタが失敗し、いないエラーが生成されます。
  • 更新プログラムのロールアップ 7 をインストールした後、サービス コンポーネントはオペレーション マネージャーからインポートされたいくつかのビジネス サービスで利用できるではありません。

    注: <b> HTML、セルフ サービス ポータル用の新しい更新プログラムは、個別にもできます。更新プログラムを入手することができます。 ここで.
入手してシステム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 9 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージのサービス マネージャーは、Microsoft ダウンロード センターから利用できます。

Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

インストール手順

インストールの前に

この更新プログラムを適用する前に次の手順を実行します。

  1. この更新プログラムを適用する前に、サービス マネージャーに関連するすべてのアプリケーションを終了します。たとえば、サービス マネージャーのコンソール、セルフ サービス ポータルのリンク、およびオーサリング ツールを終了します。
  2. データ ウェアハウス サーバーが正常に同期されている管理サーバーと 1 つ以上の時間を確認します。
  3. 次の順序でサービス マネージャーのコンポーネントの更新プログラムがインストールされていることを確認します。

    1. データ ウェアハウス サーバー
    2. プライマリ管理サーバー
    3. セカンダリ管理サーバー
    4. アナリストのすべてのコンソール

重要: 更新プログラムをインストールするとすぐに、すべてのコンソールを再起動します。

インストール方法

この更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ターゲット フォルダーに更新プログラムをダウンロードします。この更新プログラムには、x86 ベース バージョンと x64 ベース バージョンの両方が含まれています。システムの適切なバージョンをダウンロードします。
  2. ターゲット フォルダーを開くし、次のファイルのいずれかを右クリックします。

    • SCSM2012R2_CU_KB3129780_AMD64_ 7.5.3079.607.exe
    • SCSM2012R2_CU_ KB3129780_i386_ 7.5.3079.607.exe
  3. [管理者として実行] をクリックします。
  4. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意し、インストール ウィザードの手順です。

インストールを確認します。

この更新プログラムが正常にインストールを確認するには、次の手順を実行します。

  1. コントロール パネルで、プログラムと機能を開きます。
  2. インストールされている更新プログラムを表示] をクリックします。
  3. 次の項目がある場合、インストールに成功しました。

    Microsoft システム センター サービス マネージャー (KB3129780) 用の修正プログラム

インストール後

それらを更新するときに十分なアクセス許可の問題をスローすることは、構成マネージャーのデータベースに既存のインシデントを解決するには

この問題は、あらゆるインシデントには複数の支払請求可能なアイテム オブジェクトが関連付けられている場合に発生します。したがって、既に影響を受ける問題を解決するのには余分なオブジェクトを排除する必要があります。(ダウンロードに含まれています)、"RemoveDuplicateBillableItem.ps1"の PowerShell スクリプトを使用すれば、これを実行できます。

サービス マネージャー コンソールまたは管理サーバーがインストールされているコンピューター上に PowerShell スクリプトを実行します。

注: <b>運用時間帯のパフォーマンスに影響する可能性があります、スクリプト、業務時間外の時にスクリプトを実行することをお勧めします。

スクリプトは、次の形式で、3 つのパラメーターを受け取ります。

.\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 <UpdateDB-flag> <SumorMax-flag> <DateArgument>

パラメーター説明
UpdateDB フラグこのフラグを使用する影響を受けるインシデントの一覧を表示して (更新) を修正するだけの間で選択したインシデントです。0: 影響を受けるインシデントの一覧を表示するのには

1: (更新)、影響を受ける問題を解決するには
SumorMax フラグこの問題の原因が、事故処理に存在する重複した請求可能な項目であるため、複数の部品表のエントリを削除する必要があり、1 つだけを保持する必要があります。

このフラグを使用するすべての最大値だけを保持する支払請求可能な時間または保持するすべてのアイテムの合計を記録するかどうかを選択します。
0: すべての合計として 1 つに支払請求可能なすべての項目をマージ

1:最大値があり、他のすべての項目を削除する支払請求可能な項目のみを保持します。
(省略可能) DateArgumentこのパラメーターは、このスクリプトによって処理される問題を制御するのに役立ちます。

スクリプトは、指定された日付と時刻 (UTC 値) に変更される問題のみを処理します。
この省略可能なパラメーターでは、"年/月/日 hh:mm"(UTC値) の形式で日付を想定しています。

既定では、値が指定されていない場合、パラメーターは値として"2015/07/28 07時 00分"(UR7 リリース日)。


たとえば、1 年 2015年 12 月年時 (UTC)、午後 5 時以降後に変更された影響を受けるすべてのインシデントの一覧を取得するには、次のスクリプト コマンドを実行します。

.\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 0 0 "12/01/2015 17:00"

または、1 年 2015年 12 月年時 (UTC)、午後 5 時以降後に変更されたすべての影響を受ける問題の修正 (更新) を取得するには、次のスクリプト コマンドを実行します。

  • すべての合計として 1 つの項目に支払請求可能なすべての項目をマージするには、次のスクリプト コマンドを実行します。

    .\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 1 0 "12/01/2015 17:00"

  • または、支払請求可能な最大値を持つ項目のみを維持し、他のユーザーを削除、次のスクリプト コマンドを実行します。

    .\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 1 1 "12/01/2015 17:00"

この更新プログラムを適用した後、Operations Manager のマウント ポイントのデータを再同期するには

  1. Operations Manager の構成アイテム (CI) のすべてのコネクタ サービス マネージャー コンソールを無効にします。
  2. Windows PowerShell で次のコマンドレットを実行することによって現在の実行ポリシーを確認してください。

    Get ExecutionPolicy
  3. 現在の実行ポリシーは、する場合によって制限されている設定に Remotesigned に次のコマンドを実行することによって。

    セット-ExecutionPolicy-RemoteSigned を強制的に

  4. システム センター 2012 R2 のインストール ディレクトリに次の PowerShell スクリプトを検索します。

    OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.ps1

    既定では、次の場所にこのファイルを検索する必要があります。

    C:\Program ファイル システム センター 2012 R2\Service Manager\PowerShell
  5. プライマリ管理サーバーから次のコマンドを実行します。

    PowerShell.\OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.ps1
  6. 手順 2 で元の値に実行ポリシーを元に戻します。
  7. 有効にして、関連するオペレーション マネージャー CI コネクタを同期します。
  8. マウント ポイントのすべてのデータは、サービス マネージャーで設定されていることを確認します。

データ ウェアハウスの変換ジョブのタイムアウト期間を構成します。
重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

この更新プログラムを適用すると、データ ウェアハウスの変換ジョブのタイムアウトが Windows レジストリで設定可能なようになりました。また、デフォルトのタイムアウトは 3 時間 (180 分) に増加します。これを無効にするには、は、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
  2. 見つけて次のレジストリ サブキーを選択します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\System Center\2010\Common\DAL
  3. [編集] メニューで、[新規] をクリックし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  4. タイプ SqlCommandTimeout、し、Enter キーを押します。
  5. 詳細ペインでは、 SqlCommandTimeoutを右クリックし、し、[変更] をクリックします。
  6. [基本]、 10 進数を選択します。[値データ] ボックスを使用するには秒単位で値を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    注: <b>この値は、秒単位で計測されます。0 から 2,147, 483,647 の整数値の最大値、範囲です。

  7. レジストリ エディターを終了します。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

ファイルファイル バージョンまたは日付サイズ (バイト単位)
Microsoft.EnterpriseManagement.Core.Cmdlets.psd114-月-2015年 00:051587
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll7.5.3079.6072576384
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.Core.dll7.5.3079.607757760
Microsoft.EnterpriseManagement.Reporting.Code.dll7.5.3079.60790112
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Application.Common.dll7.5.3079.6071327104
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Workflows.dll7.5.3079.607102400
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.psd114-月-2015年 00:071605
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Linking.Consumer.OperationalStore.dll7.5.3079.607114688
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll7.5.3079.607188416
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Sdk.dll7.5.3079.607307200
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.SLA.Common.dll7.5.3079.607245760
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ExtendedControls.dll7.5.3079.60759904
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SMControls.dll7.5.3079.6071331200
Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Utility.dll7.5.3079.607319488
Microsoft.Mom.CmdbInstanceSubscriptionDataSourceModule.dll7.5.3079.607339968
Microsoft.Mom.DatabaseQueryModules.dll7.5.3079.607233472
OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.PS114-月-2015年 00:0711742
System.Center.Service.Manager.psm114-月-2015年 00:073112
Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets.dll7.5.3079.607159744
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ViewFramework.dll7.5.3079.607125440
Microsoft.EnterpriseManagement.Core.SdkUtilities.dll7.5.3079.607135168
SCMsgs.dll7.5.3079.607114688
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Workflows.dll7.5.3079.60790112
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Workflows.dll7.5.3079.60781920
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.DataCenter.dll7.5.3079.607151552
Microsoft.EnterpriseManagement.Orchestration.dll7.5.3079.607139264
Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Olap.dll7.5.3079.607217088
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.SessionManager.dll7.5.3079.607118784
Microsoft.EnterpriseManagement.SystemCenter.LinkingFramework.DataSync.dll7.5.3079.60736864
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.AD.dll7.5.3079.607102400
Microsoft.EnterpriseManagement.WindowsUtility.dll7.5.3079.60732768
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Console.exe7.5.3079.607921600
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.dll7.5.3079.607299008
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.QueryCache.dll7.5.3079.6072269184
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.FormsInfra.dll7.5.3079.607589824
Microsoft.EnterpriseManagement.ResourceAccessLayer.dll7.5.3079.607806912
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Workflows.dll7.5.3079.607106496
Microsoft.EnterpriseManagement.SystemCenter.LinkingFramework.MomIntegration.dll7.5.3079.60761440
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.SCOConnector.dll7.5.3079.60798304
Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll7.5.3079.6074464640
Microsoft.EnterpriseManagement.MPImporter.dll7.5.3079.60713824
TraceScenarios.cab7.5.3079.6074687
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Forms.dll7.5.3079.607458752
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceCatalog.Tasks.dll7.5.3079.607634880
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Common.dll7.5.3079.607200704
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Tasks.dll7.5.3079.60777824
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Presentation.dll7.5.3079.60794208
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Datawarehouse.dll7.5.3079.607270336
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.KnowledgeManagement.Forms.dll7.5.3079.607233472
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Forms.dll7.5.3079.607360448
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Presentation.dll7.5.3079.60790112
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Administration.dll7.5.3079.6071634304
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Forms.dll7.5.3079.607323584
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ProblemManagement.Forms.dll7.5.3079.607385024
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Incident.Forms.dll7.5.3079.607675840
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Presentation.dll7.5.3079.60781920
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Incident.TaskHandlers.dll7.5.3079.607159744
Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.SynchModule.dll7.5.3079.607159744
Microsoft.EnterpriseManagement.Core.resources.dll(EN)7.5.3079.607315392
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SdkDataAccess.resources.dll(EN)7.5.3079.60745056
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.dll-help.xml(en)25-月-2015840748

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3129780 - 最終更新日: 05/26/2016 17:52:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft System Center 2012 R2 Service Manager, Microsoft System Center 2012 R2

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3129780 KbMtja
フィードバック