Office 2013 アプリケーションがハングまたはクラッシュする更新プログラムをインストールした後ことがあります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3129881
現象
TheNovember 10 をインストールすると、2015年の Office 2013 (KB3101360) または 2015 年 12 月 8 日 Office 2013 (KB3114333)、Office アプリケーションの可能性がありますハングまたはクラッシュします。Outlook 2013、2013 の Word、Excel 2013、OneNote 2013、PowerPoint 2013 では、その他など、1 つまたは複数の Office アプリケーションにも影響することができます。
回避策
この問題を回避するのには、Microsoft Internet Explorer の設定を自動的に検出する] または [自動構成スクリプトを使用するオプションを無効にして代わりに静的なプロキシ サーバーアドレスポートを設定します。

LAN にプロキシ サーバーを使用します。

状況
マイクロソフトはこの問題について調査中であり、準備が出来次第、本資料に詳細情報を掲載します。



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3129881 - 最終更新日: 12/21/2015 22:57:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Excel 2013, Microsoft OneNote 2013, Microsoft Outlook 2013, Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft Word 2013

  • kbmt KB3129881 KbMtja
フィードバック