Riprep ツールの更新プログラム

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP313069
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows XP ベースのクライアント コンピュータで Windows 2000 ベースのリモート インストール サービス (RIS) サーバーから Riprep.exe を実行してイメージを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
Riprep.exe: エントリ ポイントが見つかりません

プロシージャ エントリ ポイント EnablePrivilege がダイナミック リンク ライブラリ Setupapi.dll から見つかりませんでした。
原因
この問題は、Riprep.exe が Windows XP イメージを作成または展開できないために発生します。
解決方法

マイクロソフトでは、Riprep.exe で Windows XP のイメージを作成し、Windows 2000 RIS サーバーに展開できるようにする更新プログラムをリリースしています。この更新プログラムをインストールするには、次のリンクをクリックします。この更新プログラムを使用する場合は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で説明されている更新プログラムもインストールしてください。
308508 RIS サーバーに Windows 2000 Server のイメージを作成できない

この更新プログラムをインストールすると、バイナリが更新されます。バイナリが更新されると、Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server を実行しているコンピュータで Riprep を実行することができます。

重要 : Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server を実行しているコンピュータで Riprep を使用する場合については、マイクロソフトは Riprep をサポートしていません。

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:313069 - 最終更新日: 02/09/2014 13:21:50 - リビジョン: 6.1

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbqfe KB313069
フィードバック