ランダムにプログラムが起動したり終了したり、フォーカスを失ったり取得したりする

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ランダムにプログラムが終了したり起動したり、フォーカスを失ったり取得したりすることがあります。プログラムのテキストは読み取れず、ログオン画面は、リモートからコンピュータに接続した他のユーザーによって制御されているように見えることがあります。
原因
この現象は、音声認識を有効にしたのに、構成していない場合に発生する可能性があります。Office XP および Microsoft Plus! for Windows XP では、音声認識をアクティブにすることができます。
解決方法
この現象を解決するために、音声認識とテキスト サービスを無効にすることができます。Windows XP テキスト サービスを有効または無効にするには、次のどちらかの方法を使用します。

方法 1

Windows XP テキスト サービスを有効または無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックします。
  3. [地域と言語のオプション] をクリックします。
  4. [言語] タブをクリックし、[テキスト サービスと入力言語] ボックスの [詳細] をクリックします。
  5. [詳細設定] タブをクリックします。
  6. テキスト サービスを無効にするには、[詳細なテキストサービスをオフにする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト サービスを有効にするには、[詳細なテキストサービスをオフにする] チェック ボックスをオフにします。
  7. 選択した内容を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

方法 2

Windows XP テキスト サービスを有効または無効にするには、次の手順を実行します。
  1. 言語バーを右クリックします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. テキスト サービスを無効にするには、[詳細なテキストサービスをオフにする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト サービスを有効にするには、[詳細なテキストサービスをオフにする] チェック ボックスをオフにします。
  5. 選択した内容を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 313176 (最終更新日 2001-12-04) を基に作成したものです。
hack random remote control
プロパティ

文書番号:313176 - 最終更新日: 12/07/2015 08:12:47 - リビジョン: 1.4

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Plus! for Windows XP, Microsoft Office XP (Setup), Microsoft Office XP Professional, Microsoft Office XP Small Business Edition, Microsoft Office XP Standard, Microsoft Office XP Standard Edition for Students and Teachers, Microsoft Office XP Developer Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbprb KB313176
フィードバック