Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、"DataStrings.InvalidSmtpDomainName(domain)" エラーが表示される

現象
Office 365 ハイブリッド構成ウィザード (https://aka.ms/taphcw) を実行し、オンプレミスの Exchange 環境へ接続しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
"DataStrings.InvalidSmtpDomainName(domain)"

(DataStrings.InvalidSmtpDomainName(ドメイン))
Screen shot of the error message
また、以下の現象も生じます。
  • Get-ExchangeServer * | FL コマンドを実行すると、出力結果では想定外の Exchangeサーバーが返されます。当該サーバーは使用停止中か無効であるため、当該サーバーをオンラインへ戻すことはできません。
  • %appdata%\Microsoft\Exchange Hybrid Configuration でハイブリッド構成ウィザードのログ ファイルを表示すると、以下が表示されます。
    • 無効な Exchange サーバーに対する、以下と類似したエントリ。このエントリでは、当該サーバーがドメイン名を返さないことが確認できます。
      <property type="System.String" value="CN=MailServer001,CN=Servers,CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT),CN=Administrative Groups,CN=Exchangetest,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=contoso,DC=com" name="DistinguishedName"/><property type="System.String" value="" name="Domain"/>
    • 組織で有効であり、実行中の Exchange サーバーに対する、以下と類似したエントリ。このエントリでは当該サーバーがドメイン名を返すことを確認できます。
      <property type="System.String" value="CN=MailServer002,CN=Servers,CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT),CN=Administrative Groups,CN=Exchangetest,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=contoso,DC=com" name="DistinguishedName"/><property type="System.String" value="contoso.com" name="Domain"/>
解決方法
警告: 上記の手順には、Active Directory サービス インターフェイス エディター (ADSI Edit) が必要です。ADSI Edit を誤って使用すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、ADSI Edit の誤使用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。ADSI Edit を使用する際は、自己の責任において行ってください。

ADSI Edit を使用し、ドメイン構成から Exchange サーバーを削除します。
  1. ADSI Edit を開き、Configuration コンテナーに接続します。
  2. 以下を検索します。
    CN=Servers, CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT), CN=Administrative Groups, CN=Contoso,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=Contoso,DC=com 
  3. Servers コンテナーで、組織で無効な Exchange サーバーの CN=<ServerName> オブジェクトを削除します。
  4. Exchange 管理シェルを開いて以下の PowerShell コマンドを実行し、ドメイン構成から削除した Exchange サーバーを確認します。
    Get-ExchangeServer * | FL
    当該サーバーが出力結果に表示されないことを確認してください。Active Directory レプリケーションが完了するまで待機する必要がある場合があります。
  5. 再度 Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを実行します。
追加情報
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3132123 - 最終更新日: 01/07/2016 06:22:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Online

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a hybrid kbgraphic kbgraphxlink KB3132123
フィードバック