Microsoft Azure 回復サービス エージェントのプロキシ サーバーを設定するのには障害が発生しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3132419
現象
スナップイン、Microsoft Azure のバックアップサーバーの登録] コマンドを使用してプロキシを設定しようとすると、サーバーが登録されていないと、次のエラー メッセージが表示されます。

既存のスケジュールされたバックアップの設定を再度有効にできませんでした。この操作を実行する前に、Microsoft Azure のバックアップ サーバーを登録してください。

または、Microsoft Azure バックアップ スナップインで、プロパティを変更するコマンドを使用してプロキシを設定すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Azure 回復サービス エージェントは、プロキシ サーバーに接続できませんでした。(ID: 280011)
サーバーの設定を確認し、プロキシ サーバーのアドレスが正しいことを確認してください。
原因
この問題は、CBSettings.xml ファイルでプロキシの設定が存在しない場合に発生します。
回避策
この問題を回避するには、プロキシの設定を CBSettings.xml を追加し、Microsoft Azure 回復サービス エージェントを再起動します。

CBSettings.xml は、Microsoft Azure 回復サービス エージェントのインストール時にキャッシュの場所」として指定されているスクラッチ フォルダーに格納されます。既定では、スクラッチ フォルダーは次のパスにあります。

C:\Program を Azure の回復サービスの Agent\Scratch
スクラッチ フォルダーの現在のパスは、次のレジストリ サブキーに格納されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup\Config\ScratchLocation


プロキシを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 任意のフォルダーに CBSettings.xml ファイルをバックアップとしてコピーします。
  2. 実行されている場合、Microsoft Azure バックアップ スナップインを閉じます。
  3. CBSettings.xml を開きます。
  4. <ProxySetting>行を更新し、ファイルを保存します。<ProxySetting>が、CBSettings.xml でない場合は、それを追加します。<ProxySetting>が既に存在する場合は、それを交換してください。たとえば、CBSettings.xml の内容で次の行を入力してください:</ProxySetting> </ProxySetting> </ProxySetting>

    <ProxySetting><Enabled>場合は true。</Enabled><ProxyServer>http://10.10.10.10</ProxyServer><ProxyPort>80</ProxyPort></ProxySetting>
  5. サービス管理コンソール (Services.msc) を開きます。
  6. 「Microsoft Azure リカバリのサービス エージェント」サービスを右クリック、し、再起動をクリックしますします。
  7. Microsoft Azure バックアップ スナップインを起動しを使用してプロキシの設定が正しく設定されていることを確認しますプロパティを変更します。 コマンドです。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

Rekvizīti

Raksta ID: 3132419. Pēdējo reizi pārskatīts: 09/20/2016 14:23:00. Pārskatījums: 2.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3132419 KbMtja
Atsauksmes