SharePoint Server 2013 は、AD のインポートをユーザー プロファイル アプリケーション内のアクティブなユーザーをインポートできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3133015
現象
次のような状況を考えます。

  • Microsoft SharePoint Server 2013 ファーム構成では、Active Directory (AD) のインポートの同期接続されているユーザー プロファイル サービス アプリケーションを設定します。
  • 組織単位 (OU) は、アカウンティングという名前をユーザー、Testuser1 を含むを使用するとします。
  • TestUser1 は Active Directory ドメインでアクティブでは、選択した実行中のユーザー プロファイル アプリケーションで同期接続が AD のインポートです。
フルまたはインクリメンタル インポートの AD の処理を実行すると TestUser1 は、プロファイル データベースにはインポートされません。エラーまたはこのユーザーに関連するエントリは、ULS ログは表示されません。同じ OU から他のすべてのユーザーは、プロファイル データベースに正常にインポートされます。
原因
ユーザーには、 LastKnownParentプロパティを別の OU に設定するときにこの問題が発生し、他の OU が選択した duringAD のユーザー プロファイル アプリケーションで同期接続がインポートされていません。

このような状況の詳細な例では、「関連情報」セクションを参照してください。
回避策
この問題を回避するには、Active Directory ドメインから削除された、同じ OU にユーザーを復元します。などの場合は、営業 OU からユーザーを削除すると、ユーザーを復元 Sales OU にのみです。ユーザーの定めてを同じ OU に設定します。これで、選択すると営業 OU AD インポート同期接続アプリケーションでは、ユーザー プロファイル、プロファイル データベースに正常にインポートする useris の中に。

「現象」に記載されている問題が発生する場合、影響を受けるユーザーを検索し、、定めて、これらのユーザーをオフにできます。その後、もう 1 つの完全 orIncrementalAD ユーザーを正常にインポートするのにはインポート処理を実行します。

注: <b>LastKnownParentは、編集可能なプロパティであるため、Windows PowerShell または ADSIEdit を使用するにをオフにします。
詳細
この問題は、次の条件には次の例のような状況に当てはまる場合に発生します。

  • 、経理 OU および OU の売り上げ高の 2 つの組織単位があります。
  • TestUser1 では、経理 OU に含まれ、定めて販売 OU に設定するには。
  • 経理 OU は、選択した実行中の AD インポート同期接続です。
  • 販売 OU は、selectedduring AD インポート同期接続ではありません。
このような場合は、TestUser1 はインポートされません、プロファイル データベースに完全バックアップまたは増分の AD のインポート プロセスを実行することによって。

注: <b>ユーザーが Active Directory ドメインから削除し、復元、Active Directory ドメインによってユーザーの削除元となる OU にLastKnownParentプロパティです。

サンプル シナリオ

シナリオ 1:

  • TestUser1 は、営業 OU に含まれています。
  • TestUser1 は、作業中のディレクトリのドメインから削除されます。
  • TestUser1 は、営業 OU に復元されます。

    注: <b>この例では、 LastKnownParentプロパティは、営業 OU に設定されます。(これは、ユーザーは、営業 OU から削除されたため) です。

シナリオ 2:

  • TestUser1 は、営業 OU に含まれています。
  • TestUser1 は、作業中のディレクトリのドメインから削除されます。
  • TestUser1 は、経理 OU に復元されます。

    注: <b>この例では、 LastKnownParentプロパティは、営業 OU に設定されます。(これは、ユーザーは、営業 OU から削除されたため) です。
注: <b>シナリオ 2 では、経理 OU を選択して場合は、AD インポート同期の接続中にアプリケーションでは、ユーザー プロファイル、営業 OU を選択して TestUser1 はインポートされません AD のインポートによって、LastKnownParentプロパティは、販売 OU に設定されているため。(これは、AD のインポート同期接続の一部として販売の OUisn't が選択されているため)。
状況
この動作は仕様です。これは、マルチ テナント型のような状況で予期しない状況を避けるために含まれているものです。ただし、設置型の SharePoint 2013 ファームの単一のテナントにも適用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3133015 - 最終更新日: 01/08/2016 00:38:00 - リビジョン: 1.0

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3133015 KbMtja
フィードバック