現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] ロックのエスカレーション後に共有テーブル ロックが解放されない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
トランザクション分離レベルを READ COMMITTED に設定すると、プリフェッチに依存し、ロックのエスカレーションの原因となる SELECT ステートメントが、トランザクションの終わりまで、基になるテーブルで共有テーブル ロックを保持する場合があります。この場合、デフォルトの READ COMMITTED 分離レベルで実行中のクエリで予測される動作として、トランザクションの終わりまでではなくステートメントの終わりまで共有ロックが保持されます。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
: 次の修正プログラムは Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 がリリースされる前に作成されました。

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

SQL Server 2000 Service Pack 1

この修正プログラムのビルドは、SQL Server 2000 Service Pack 1 を実行しているサーバーに適用するように設計されています。

   バージョン       ファイル名          説明   -------------------------------------------------   8.00.0471     Sqlservr.exe     SP1-based hotfix				
SQL Server 2000 Service Pack 2

この修正プログラムのビルドは、SQL Server 2000 Service Pack 2 を実行しているサーバーに適用するように設計されています。

   バージョン       ファイル名          説明   -------------------------------------------------   8.00.0552     Sqlservr.exe     SP2-based hotfix				
: ファイルの依存関係のため、上記のファイルを含む最新の修正プログラムや機能には、追加ファイルも含まれる可能性があります。


状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft SQL Server 2000 の問題として認識しています。
この問題は、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 で最初に修正されました。
S TAB
プロパティ

文書番号:313302 - 最終更新日: 01/17/2015 00:38:10 - リビジョン: 4.2

Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbsqlserv2000sp3fix kbbug kbfix kbsqlserv2000presp3fix KB313302
フィードバック