SharePoint Online および OneDrive for Business で見つからない、削除した、または壊れたアイテムを復元する方法

現象
本資料には、OneDrive for Business 同期クライアント (groove.exe) を使用する際の情報が含まれています。

: 使用している OneDrive for Business 同期クライアントを特定するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
SharePoint Online または OneDrive for Business で以下のいずれか、または複数の問題が発生します。
  • シナリオ 1: リストまたはライブラリに、ファイル、フォルダーまたはアイテムが見つからない。
  • シナリオ 2: ファイルまたはフォルダーを削除したが、復元する必要がある。
  • シナリオ 3: ライブラリ内のファイルが壊れており、開くことができず、ファイルの作業バージョンを復元する必要がある。
解決方法
以下の手順に状況に応じて従ってください。

シナリオ 1 およびシナリオ 2 の解決方法

  1. Office 365 プロテクション センターまたは監査ログ レポートを使用し、アイテムが移動、または削除されているか確認します。
    • Office 365 プロテクション センターの詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

    • SharePoint 監査ログの詳細については、以下のMicrosoft Web サイトを参照してください。

    •  サイト コレクションの監査レポートを表示する場合は、以下の手順に従ってください。
      1. OneDrive for Business のライブラリまたはサイト コレクションで [サイトの設定] ページを開きます。
      2. 現在の位置がサイト コレクションのルートではない場合、"サイト コレクションの管理" の [トップ レベルのサイト設定に移動] を選択します。
      3. "サイト コレクションの管理" の [監査ログ レポート] を選択します。
      4. "監査のレポートの表示" ページで、表示するレポート ([削除] など) を選択します。
      5. レポートを保存するライブラリを入力または検索し、[OK] をクリックします。
      6. "Operation Completed Successfully" (操作は正常に完了しました) ページで、[click here to view this report] (レポートを表示するにはこちらをクリック) をクリックしてください。
  2. 対象のアイテムが、影響を受けているサイト コレクションのごみ箱 (第 1 レベル) または削除済みデータ バックアップ (第 2 レベル) にあるかどうかを確認します。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
  3. OneDrive for Business 同期クライアントを使用している場合は、ローカル コンピューターにファイルまたはフォルダーのコピーがあるかどうかを確認します。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
  4. これまでの手順で問題を解決できなかった場合は、サポートへ問い合わせてください。リクエスト作成時には、問題に関する情報をできるだけ多く記載するようにします。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。リクエストには以下の情報を記載してください。
    • 影響を受けているサイト コレクションまたはライブラリの完全な URL。
      例: https://contoso.sharepoint.com/sites/<SiteCollectionName>/Shared%20Documents
    • 影響を受けたアイテムの複数の名前。ファイルの場合は、ファイル名拡張子も含めてください。
    • アイテムが最後に正常な状態であったと考えられる日付と時間。

シナリオ 3 の解決方法

  1. 以下の手順に従い、既存のファイルから、影響を受けているファイルの以前のバージョンを復元します。
    1. Office 365 ポータルにサインインします。
    2. 影響を受けたファイルが含まれるライブラリへアクセスします。
    3. ファイルの横にある省略記号 (...) をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

      : 従来の OneDrive for Business ビューを使用している場合は、ファイルの横にある省略記号 (...) をクリックし、プレビュー ウィンドウで再度省略記号 (...) をクリックしてから [バージョン履歴] をクリックしてください。
    4. 以前のバージョンの “更新日時” にあるドロップダウン矢印をクリックし、[復元]、[OK] の順にクリックします。
  2. OneDrive for Business 同期クライアントを使用している場合は、ローカル コンピューターにファイルまたはフォルダーの作業コピーがあるかどうかを確認します。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
  3. これまでの手順で問題を解決できなかった場合は、サポートへ問い合わせてください。リクエスト作成時には、問題に関する情報をできるだけ多く記載するようにします。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。リクエストには以下の情報を記載してください。
    • 影響を受けているサイト コレクションまたはライブラリの完全な URL。
      例: https://contoso.sharepoint.com/sites/<SiteCollectionName>/Shared%20Documents
    • 影響を受けたファイルの複数の名前。ファイル名拡張子も含めてください。
    • ファイルが最後に正常な状態であったと考えられる日付と時間。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3134213 - 最終更新日: 04/14/2016 06:52:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office SharePoint Online, OneDrive for Business, OneDrive for Business for Mac

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3134213
フィードバック