Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3733.0) があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134722
はじめに
修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド4.1.3733.0) では、Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010 R2 を使用することが可能です。このプログラムのロールアップ パッケージでは、いくつかの問題を解決し、「関連情報」セクションに記載されているいくつか機能を追加します。

更新プログラムの情報

更新プログラムを指定する場合はマイクロソフトのサポートで実行できます。すべてのお客様が、本番システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

マイクロソフトのサポート

この更新プログラムがマイクロソフトのサポートからダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。さらに、Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムを取得できます。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

この更新プログラムの既知の問題

同期サービス

この更新プログラムをインストールすると、ルールの拡張機能と拡張可能な MA の ECMA1 (ECMA 2.0) に基づくカスタム管理エージェント (Ma) が実行されない可能性があり。、」停止で拡張機能の dll のロード」の実行のステータスを生成することがあります。この問題は、次のプロセスのいずれかの構成ファイル (.config) を変更した後、このようなルールの拡張機能またはカスタム Ma を実行するときに発生します。
  • MIIServer.exe
  • Mmsscrpt.exe
  • Dllhost.exe
たとえば、サービスの FIM MA の同期エントリを処理するため、デフォルトのバッチ サイズを変更するのには MIIServer.exe.config ファイルを編集するとします。
このような場合は、この更新プログラムの同期エンジン インストーラー意図的にはファイルは置き換えられません構成、以前の変更内容が削除されないようにします。構成ファイルを置き換えないためファイルで、この更新プログラムで必要なエントリはできませんが、エンジンが、フル インポートまたはデルタの同期プロファイルの実行を実行するときは、同期エンジンは、ルールの拡張 Dll を読み込めません。

手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. MIIServer.exe.config ファイルのバックアップ コピーを作成します。
  2. テキスト エディターまたは Microsoft Visual Studio では、MIIServer.exe.config ファイルを開きます。
  3. MIIServer.exe.config ファイルで、[ <runtime>] セクションを検索し、次のように、[ <dependentAssembly>] セクションの内容を置き換えます。

    </dependentAssembly></runtime>
    <dependentAssembly><assemblyIdentity name="Microsoft.MetadirectoryServicesEx" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" />        <bindingRedirect oldVersion="3.3.0.0-4.1.3.0" newVersion="4.1.4.0" /></dependentAssembly>
  4. ファイルに変更を保存します。
  5. 同じディレクトリと親ディレクトリに Dllhost.exe.config で Mmsscrpt.exe.config ファイルを検索します。これら 2 つのファイルには、手順 1 4 からを繰り返します。
  6. Forefront ユーザー マネージャーの同期サービス (FIMSynchronizationService) を再起動します。
  7. あるルールの拡張機能とカスタム管理エージェントここでは期待どおりを確認します。

FIM の報告
FIM のレポートは Microsoft システム センター 2012年サービス マネージャー Service Pack 1 がインストールされている新しいサーバーにインストールする場合は、次の手順を実行します。
  1. FIM 2010 R2 SP1 FIM サービス コンポーネントをインストールします。これを行うには、レポートのチェック ボックスをオフにします。
  2. 4.1.3733.0をビルドするのには、FIM サービスをアップグレードするには、この修正プログラム ロールアップをインストールします。
  3. FIM サービスの場合は、変更モードのインストールを実行し、レポートを追加します。

レポート作成を有効にして、FIM サービスとポータルのコンポーネントの変更モードのインストールを実行、レポート作成を再度有効にすることが必要です。FIM Id 管理ポータルでは、以下の手順を実行します。
  1. [管理] メニューの [すべてのリソースをクリックします。
  2. [すべてのリソース] には、システム構成の設定をクリックします。
  3. システム構成の設定オブジェクトをクリックし、このオブジェクトの [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  4. 拡張属性] をクリックし、レポートのログを有効にする] チェック ボックスをオンします。
  5. [Ok]をクリックし、変更を保存するのには[送信] をクリックします。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010 の4.1.3419.0またはそれ以降のビルドがインストールされているビルドが必要です。

BHOLD BHOLD FIM の統合、アクセス管理のコネクタ、またはレポート モジュールの展開の場合、修正プログラム ロールアップ パッケージを設定する必要があります。 2934816 (ビルド4.3.3510.0) またはそれ以降のビルド BHOLD モジュールにこの更新プログラムを適用する前に、FIM サーバーにインストールされています。

再起動の必要性

アドインと拡張機能(Fimaddinsextensions_x を適用した後コンピューターを再起動する必要があります。nn_kb3134722.msp) パッケージです。さらに、サーバー コンポーネントを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、更新プログラムが置き換えられます。 3092178 (ビルド 4.1.3671.0) ユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 のです。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Accessmanagementconnector.msi該当なし671,7442016 年 2 月-12-09:43該当なし
Bholdanalytics 5.0.3355.0_release.msi該当なし2,707,4562016 年 2 月-12-09:32該当なし
Bholdattestation 5.0.3355.0_release.msi該当なし3,280,8962016 年 2 月-12-: 20:20該当なし
Bholdcore 5.0.3355.0_release.msi該当なし5,021,6962016 年 2 月-12-09:21該当なし
Bholdfimintegration 5.0.3355.0_release.msi該当なし3,534,8482016 年 2 月-12-09:56該当なし
Bholdmodelgenerator 5.0.3355.0_release.msi該当なし3,252,2242016 年 2 月-12-: 31: 31該当なし
Bholdreporting 5.0.3355.0_release.msi該当なし1,998,8482016 年 2 月-12-: 07:07該当なし
Fimaddinsextensionslp_x64_kb3134722.msp該当なし3,917,8242016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimaddinsextensionslp_x86_kb3134722.msp該当なし1,600,0002016 年 3 月-20-0:15該当なし
Fimaddinsextensions_x64_kb3134722.msp該当なし5,218,8162016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimaddinsextensions_x86_kb3134722.msp該当なし4,667,3922016 年 3 月-20-: 14:14該当なし
Fimcmbulkclient_x86_kb3134722.msp該当なし9,148,9282016 年 3 月-20-: 14:14該当なし
Fimcmclient_x64_kb3134722.msp該当なし5,573,6322016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimcmclient_x86_kb3134722.msp該当なし5,197,3122016 年 3 月-20-0:14該当なし
Fimcm_x64_kb3134722.msp該当なし33,585,1522016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimcm_x86_kb3134722.msp該当なし33,205,7602016 年 3 月-20-: 14:14該当なし
Fimservicelp_x64_kb3134722.msp該当なし12,214,2722016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimservice_x64_kb3134722.msp該当なし31,535,6162016 年 3 月-20-: 19:19該当なし
Fimsyncservice_x64_kb3134722.msp該当なし36,318,2082016 年 3 月-20-04:19該当なし


詳細

修正される問題、またはこの更新プログラムで追加される機能

この更新プログラムは、次の問題を修正またはマイクロソフト サポート技術情報にこれまで記載されていなかった以下の機能を追加します。

FIM 証明書の管理

問題 1
プロファイル テンプレートの設定のレポートには、誤った情報が表示されます。[暗証番号 (pin) のロール オーバー」を有効にしもでない場合は true に設定されて、「Admin 暗証番号 (pin)」が初期値であることを示しています。また、管理キーの機能を拡張設定が有効な場合、これは表示されませんプロファイル テンプレートの設定のレポートで。

FIM 同期サービス

問題 1
エクスポート専用ファイル ・ ベース ECMA2 コネクタは、削除されたオブジェクトをエクスポートするのには失敗します。

問題 2
MsDS UserPasswordExpiryTimeComputed属性は、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の管理エージェントの属性の選択] タブで利用可能な属性として表示されます。MsDS UserPasswordExpiryTimeComputedでは、AD DS で計算される属性と、インポート操作では検出されません。この更新プログラムでは、現在利用可能な属性のリストから属性が削除されます。

問題 3
Active Directory のオブジェクトのオーソリテイティブ ・ リストアを後 AD MA デルタ インポート誤って検出が削除されるとします。

問題 4
インポート サーバーの構成] FIM 同期サービス (MIISClient) で、中にハングする、[サーバー構成のインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

問題 5
同期タスクを同時に 2 つ以上の実行プロファイルを実行しているドキュメントでは許可されていませんし、データの破損が発生する可能性がありますが、同期エンジンが禁止されません。

問題 6
同期サービスのハング (CPU 使用率が高い) では、ECMA コネクタの実行のプロファイルを停止するときに発生します。

問題 7
GALSync MA、メール アドレスの検証が予期せず失敗します。

問題 8
GALSync MA は、[メタベース属性では、電子メール アドレスを検証するのには、プレフィックス"SMTP:"英大文字を使用して書き込まれると、それ以外の場合の検証に失敗しただけで削除されます。

FIM のアドインと拡張機能

問題 1
Outlook アドインの承認のボタンは、UI の特定のワークフローの実行中に表示されなくなります。

FIM ポータル

問題 1
この更新プログラムは、コントロールの表示し、非表示にする] チェック ボックスを有効にする電子メールの状態によっては、カスタマイズを行います。

問題 2
4.1.3671.0 の中に修正プログラムのインストール、FIM のサービス データベースの名前が FIMService のデフォルトの名前ではない場合、データベースのアップグレードに失敗した場合します。

FIM サービス

問題 1
複雑な一連のスキーマが実装されている場合、要求の評価中にデッドロックが発生する可能性があります。

問題 2
、ビルド 4.1.3671.0 のインストール中にデータベースのアップグレードが失敗したは、FIM のサービス データベースの名前がFIMServiceのデフォルトの名前に設定されていない場合。


BHOLD

問題 1
エイリアスを削除するのには、UI 内のオプションはありません。BHOLD web サービスには、 applicationdeletealias関数が追加されます。

関数名引数には、 ExecuteXmlメソッドの引数として渡すことができます。

注:
  • 付きアプリケーション idユーザー idとは、必須の引数です。
  • エイリアスは、省略可能な引数です。明示的に定義されているエイリアスの引数がない場合は、関数は、アプリケーション ユーザーの組み合わせのすべてのエイリアスを削除します。

問題 2
BHOLD コアでは、親からロールを削除する時にLogItemsテーブルにエラーが表示されます。

関連情報
について説明します 用語集 マイクロソフトは、ソフトウェアの更新に使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134722 - 最終更新日: 04/06/2016 01:44:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2

  • kbqfe kbsurveynew kbautohotfix kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload kbmt KB3134722 KbMtja
フィードバック