SharePoint Online の通知メール送信用アドレスの変更に関する情報

概要 
本資料には、SharePoint Online の通知メールの送信に使用される送信元アドレスに影響を及ぼす変更について記載されています。
詳細情報
2016 年 1 月以降、SharePoint Online により送信される通知メールで使用される “送信元” アドレスに多少の変更がありました。これにより、SharePoint 通知メールが [迷惑メール] フォルダーに振り分けられるリスクが減少します。この変更による影響はありません。また、この変更により、ご利用のドメインにおける Sender Policy Framework (SPF) レコードから SharePoint の SPF レコード、および SharePoint Online 用にスパム フィルターへ追加した例外を削除することができます。

Exchange Web Service を使用し、SharePoint Online からユーザーが実行した操作に関する電子メールを送信するという変更を適用しました。たとえばこの変更前、Exchange Online メールボックスを所有していない Alice というユーザーは、SharePoint Online において Bob とファイルを共有していました。Alice は Exchange Online メールボックスを所有していないため、電子メール メッセージは SharePoint Online の簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーから送信されました。また、このメッセージは、〝From” フィールドに Alice の名前および電子メール アドレスが設定されたなりすましメッセージとなっていました。なりすましメッセージがスパム フィルターと競合する際は、電子メールが [迷惑メール] フォルダーに振り分けられたり、受信が完全に拒否される場合がありました。この問題に対する軽減策として、以前は SPF レコードに “sharepointonline.com” 用の SPF レコードを追加するよう推奨していました。SharePoint Online の変更により、上記のようなメッセージにおいて電子メール アドレスのなりすましは発生しなくなります。電子メール メッセージには同じ表示名 (共有相手など) が含まれますが、送信元アドレスは常時 no-reply@sharepointonline.com となります。

お客様は SPF レコードを変更したり、または SharePoint Online からの通知メール配信が許可されるようスパム フィルターにルールを追加したりする必要がなくなります。さらに、Exchange Online メールボックスを所有するユーザーの操作で作成された電子メール メッセージは引き続きそのユーザーのメールボックスから送信され、迷惑メールとしてフラグが立つことはありません。 

この変更により、SharePoint Online では SharePoint 管理センターにおけるニュースフィード通知用の電子メール通知設定は無効になります。ニュースフィードから送信される電子メール通知では、送信元アドレスとして no-reply@sharepointonline.com が常時使用されます。この設定は今後のリリースで削除される予定です。

この変更により、以下を含む機能が影響を受けます。

  • ユーザーが Exchange Online メールボックスを所有していない場合のメール共有
  • ユーザーが Exchange Online メールボックスを所有していない場合のリクエスト メールへのアクセス
  • SharePoint ニュースフィード通知メール
  • 送信元アドレスが異なるアドレスに変更された場合にワークフローで生成されたカスタム メッセージ
以下のスクリーン ショットは、SharePoint Online アラート通知メッセージの例です。

Alert notification mail

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3134824 - 最終更新日: 05/31/2016 07:40:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office SharePoint Online, OneDrive for Business

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 kbgraphxlink kbgraphxlinkcritical KB3134824
フィードバック