Solaris 上で BlueStripe のコレクターの状態を確認する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134880
BlueStripe コレクター サービスが予期せず終了した場合、それが自動的に試行自体を再起動します。短期間の間に多すぎるが再起動する場合は、オペレーティング システムが再起動しないようにするサービス。

Solaris 上で、コレクターの状態をチェックし、必要に応じて再起動するには、次のコマンドを使用します。

Solaris 10

コレクターの状態を確認します。
svcs l-bluestripe-collectorsvc

fmri svc: システム/bluestripe ・ コレクター: 既定
BlueStripe コレクターの名前を付ける
true は有効になっています。
オンラインの状態
next_state なし
state_time 2014 年 8 月 1 日 12時 26分: 17 PM EDT
ログ ファイル/var/svc/log/system-bluestripe-collector:default.log
リスタータ svc:/システム/svc/リスタータ: 既定
contract_id 162143
require_all の依存関係と「なし」(オンライン)、file://localhost/etc/bluestripe-collector/BlueStripeCollector.properties
依存関係の require_all/なし svc:/システム、構造体、ローカル ファイル システム (オンライン)
依存関係の require_all/なし svc: ネットワーク/サービスの (オンライン)
依存関係の require_all/なし svc:/マイルス トーンとネーム ・ サービス (オンライン)

状態がオンラインである場合
コレクターは、起動および実行します。

状態が無効になっている場合
コレクターを有効にします。
svcadm を有効にする bluestripe ・ コレクター


状態がメンテナンスの場合
1. クリアのメンテナンス モード
svcadm bluestripe コレクターのクリア

2. コレクターを起動します。
svcadm 開始 bluestripe ・ コレクター

開始およびコレクターを停止します。

停止
svcadm 無効にする bluestripe ・ コレクター

スタート
svcadm 開始 bluestripe ・ コレクター

Solaris 8 および 9

コレクターの状態を確認します。

/etc/init.d/bluestripe-collector ステータス

再起動

/etc/init.d/bluestripe-collector 再起動

または

/etc/init.d/bluestripe-collector の停止

/etc/init.d/bluestripe-collector 開始

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134880 - 最終更新日: 01/11/2016 02:21:00 - リビジョン: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134880 KbMtja
フィードバック