Linux、Solaris、AIX 上の BlueStripe のコレクターのインストール フラグを表示する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134881
インストール フラグの実行の一覧を表示するのにはインストール プログラムでは、ヘルプとフラグ。

InstallBlueStripeCollector-AIX.bin-ヘルプ
します InstallBlueStripeCollector のヘルプ。
InstallBlueStripeCollector-Solaris.bin-ヘルプ

すべての引数は、大文字小文字を区別します。

Linux、Solaris、AIX では、インストール プログラムは、次の表にコマンド ライン オプションを受け付けます。完全に中断のないインストールのプロンプトの void には、サイレント フラグを指定してください。コア コレクターのオプション
フラグ使用可能な値詳細既定値
sサイレント ・ インストールに必要なフラグはサイレントです。暗黙的に契約書、契約書は、そのユーザーの情報入力を必要としません。
-アップグレードアップグレードし、すべての構成と現在のインストールからデータ ファイルを保持します。同じ場所に再インストールします。
--交換
設定 =myconfigfileMyconfigfileの値を使用してインストールした後、BlueStripeCollector.properties の既定の設定を変更します。
たとえば、myprops.txt をという名前のファイルには、行の protocol.mssql.trigger が含まれている場合は、= remote_port = 1061、コマンド ・ ライン引数の設定を使用してポート 1061年に MS SQL server がリッスンしていることを指定する<full-path>/myprops.txt を =。
ファイルへの完全パスを指定する必要があります。</full-path>
--基本 dir =使用する基本のインストール ディレクトリです。/
--証明書 =customcert.certカスタム証明書をインストールするファイル名です。ファイルの拡張子は .cer である必要があります。

フラグと値を指定できます複数回複数のカスタム証明書を

ファイルへの完全パスを指定する必要があります。
--cacert =ca_certs.pem/Cert が指定されている場合はオプションです。ファイルには、ファイルに必要なすべての CA 証明書の連結の .pem ファイルの拡張子を持つ必要があります。

ファイルへの完全パスを指定する必要があります。
-defaultcertデフォルトの BlueStripe の自己署名証明書をインストールします。

かどうかはカスタム証明書が指定されていない、省略可能なのですが、それ以外の場合に必要な
-確認オペレーティング システムのアクセス許可のチェックが、コレクターをインストールしません。
-S (サイレント) フラグが指定されていない場合は、続行する前に他のすべての構成オプションは、コマンド ・ ラインで定義されている場合でも、使用許諾契約書を受け入れるように、ユーザーが求められます。トランザクション プラグイン OptionsSince Windows のコレクターには、アクティブな再起動が必要です、再起動処理の一部として Web サーバーを再起動します。
フラグ使用可能な値詳細既定値
-apache =自動

マニュアル

オフ

インストールするかどうか、 Apache の Web トランザクションのプラグイン.
Auto に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされている、および Apache が正常に再起動される場合

手動] に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされている場合は、ユーザーは、Apache を再起動する必要があります。

Off に設定すると、トランザクションのプラグインはインストールされません。

参照してください。 Apache のトランザクションのプラグインをインストールします。 参照してください。
自動
-apache フラグ =[オプション]オプションのフラグは、単一引用符または二重引用符の内側にする必要があります。
参照してください。 Apache のトランザクションのプラグインをインストールします。 オプションのリストについて
sunone--自動

マニュアル

オフ
インストールするかどうか、 SunONE Web トランザクションのプラグイン.
Auto に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされていると、SunOne web サーバーが正常に再起動

手動] に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされている場合は、ユーザーは、SunOne web サーバを再起動する必要があります。

Off に設定すると、トランザクションのプラグインはインストールされません。
参照してください。 SunONE トランザクションのプラグインをインストールします。 参照してください。
自動
-sunoneflags[オプション]参照してください。 SunONE トランザクションのプラグインをインストールします。 オプションのリストについて
--websphere =自動

マニュアル

オフ
インストールするかどうか、 WebSphere の Web トランザクションのプラグイン.
手動] に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされている場合は、ユーザーは、WebSphere を再起動する必要があります。

Off に設定すると、トランザクションのプラグインはインストールされません。
参照してください。 WebSphere トランザクションのプラグインをインストールします。 参照してください。
マニュアル
--websphere フラグ =[オプション]オプションのフラグは、単一引用符または二重引用符の内側にする必要があります。
参照してください。 WebSphere トランザクションのプラグインをインストールします。 オプションのリストです。
-weblogic =自動

マニュアル

オフ
インストールするかどうか、 WebLogic Web トランザクションのプラグイン.
手動] に設定すると、トランザクションのプラグインがインストールされている場合は、ユーザーは、WebLogic を再起動する必要があります。

Off に設定すると、トランザクションのプラグインはインストールされません。
参照してください。 WebLogic トランザクションのプラグインをインストールします。 参照してください。
マニュアル
-weblogic フラグ =[オプション]オプションのフラグは、単一引用符または二重引用符の内側にする必要があります。
参照してください。 WebLogic トランザクションのプラグインをインストールします。 オプションのリストです。
コレクターのアップグレード中に、どのモードが選択されている任意の web/アプリケーション サーバーがインストールされているトランザクションのプラグインを使用してが正常に再起動します。これは、完全にシャット ダウン、コレクターに、アップグレードを成功させることを確認するために必要です。コレクター開始の ConnectionsBy は、BlueStripe のコレクターをインストールした後、FactFinder の管理サーバーでは、および TCP ポートへの接続を開始するのに 7561 7561 の UDP ポートを使用します。

コレクターの自動検出を使用することをお勧めしている間もコレクターの検出をオフにして、コレクターの収集 (を参照して次の表にコマンド ライン オプションを使用して接続を確立するために管理サーバーに接続すること 接続を開始するのにはコレクターを構成します。 詳細を付記)。
フラグオプション詳細既定のオプション
-FFHostname
管理サーバー

IP アドレスまたはホスト名
コンマ区切りの IPv4 アドレスとポートの組み合わせ、コンピューター名、または FactFinder の管理サーバーへの接続を開始するのには完全修飾 DNS 名のリストです。
FactFinder は検出プロセスを使用してに接続できない場合、またはのようにファイアウォールを介した FactFinder のインスタンスへの接続を開始するように構成する場合にのみ必要です。
-FFPort =管理サーバー

ポート
FactFinder のサーバーとの接続を開始するときに既定で使用するポートを指定するのには、/FFHostname 上で使用します。-FFHostname パラメーターを上にあるホストの一覧で特定のポートがある場合は、ここでのみ、そのマシンの既定値がオーバーライドされます。7560
LinuxUninstalling Linux のコレクターのサイレント ・ アンインストールは、root として次のコマンドを実行することによって実行されます。

rpm-e bluestripe ・ コレクター

このコマンドは、サイレント ・ アンインストールのために使用できるように既に非対話型です。Solaris 上でサイレント モードでの SolarisUninstalling のサイレント ・ アンインストールは、root として次のコマンドを実行することによって実行されます。

pkgrm の AIX 上のコレクターをアンインストールする na/etc/bluestripe-collector/bluestripe-pkgadmin の AIXTo に BSSWcollSilent をアンインストールします。

installp u bluestripe.collector

アンインストール コマンドは、既定以外のインストール場所が使用された場合

installp_r -R のベース ディレクトリの u bluestripe.collector

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134881 - 最終更新日: 01/11/2016 02:23:00 - リビジョン: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134881 KbMtja
フィードバック