BlueStripe 管理サーバーで Windows 認証を構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134885

Windows の認証と Active Directory

Windows 認証を使用する jaas.config ファイルを構成することによって、既存の Windows システム アカウントに対してユーザーを認証できます。

Windows 認証を使用する管理サーバーを構成するには、次の手順を実行します。
  • するため、元の構成が必要な場合、jaas.config.bak を jaas.config の既定のファイルをコピーします。
  • Jaas.config にjaas.windowsSSPI.configをコピーします。
  • グループの管理者またはユーザーのアクセスを示すものでは、正規表現を反映するように userFilter、adminFilter を変更します。
  • 管理サーバーを再起動し、FactFinder のコンソールで管理サーバーにログインします。
注:Windows 認証でのみ動作 Windows ベースのコンポーネントでは、Linux ベースの管理サーバまたは Linux ベースのデータベース ローダーはサポートされていませんので。
Windows 認証の構成例
FactFinder {    /* Windows SSPI Authentication with Group Privileges */    /* Note: to use this file, rename to jaas.config */    com.bluestripe.ms.auth.WindowsAuthLoginModule required    /* This variable indicates which Security Support Provider (SSP) to use */    /* http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa380502(v=vs.85).aspx */    /* bluestripe.securityPackage="Negotiate" */    /* If the SSP is Negotiate, Kerberos, or NTLM, then targetName may be set to the */    /* Service Principal Name (SPN) or the security context of the destination server. */    /* Run the command "setspn.exe -L <target>" to list the SPNs for a target FactFinder Management Server. */    /* bluestripe.targetName="ExampleServicePrincipalName" */    /* These filters are Java Regular Expressions matched against the user's group membership list */    /* Note: the 4 '\' characters separating domain and group are to escape both the Java string and the regex */    bluestripe.adminFilter="DOMAIN\\\\FFAdmin"    bluestripe.userFilter="DOMAIN\\\\FFUser"    /* Uncomment the line below to enable additional logging */    /* debug=true */    ;};
Windows 認証 JAAS オプション
JAAS のオプションが Windows 認証で使用できます。
  • bluestripe.securityPackage
    -どのセキュリティ サポート プロバイダー (SSP) を使用するを決定します。既定では、"Negotiate"しようとするが最初に失敗した場合は、Kerberos を使用して NTLM が再び確立されます。
  • bluestripe.targetName
    -どのサービス プリンシパル名 (SPN) を使用して、ユーザーが接続している管理サーバーを一意に識別するを決定します。これはネゴシエート] または [NTLM] のオプションが、構成は、Kerberos に必要。
  • bluestripe.adminFilter
    -正規表現に一致するものを適切なユーザーのグループの一覧を確認し、FactFinder への管理アクセス許可値を指定します。上記の例では、グループ、DOMAIN\FFAdmin を使用しています。
  • bluestripe.userFilter
    -正規表現に一致するものを適切なユーザーのグループの一覧を確認し、FactFinder へのユーザー アクセス許可値を指定します。上記の例では、グループ、DOMAIN\FFGuest を使用しています。
注:4 で、DOMAIN\Group が指定されている ' \' の文字です。これは、機能は、Java の文字列と正規表現の両方をエスケープする必要があります。

ヒント:、、Windows 認証の構成に問題がある場合は、FactFinderMS.log ファイルにログを追加して、次のオプションを追加できます。
debug=true

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134885 - 最終更新日: 01/11/2016 02:32:00 - リビジョン: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134885 KbMtja
フィードバック