FactFinder のヒープ領域の構成の提案

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134887
ヒープのサイズを構成する方法の具体的な規則がない、中には、システムの拡張とパフォーマンスの問題を防ぐために役立つ基本的なガイドラインがあります。必要なヒープの空き領域は、コレクター、ごとの平均負荷によって異なります、さまざまな環境によって大幅に異なります。

(コレクター ミリ秒単位) のサイズMS のメイン ・ ヒープMS Exec ヒープコンソールのヒープ
最初の (0 ~ 50)2 Gb1 Gb1 Gb
中規模 (50 ~ 200)2 ~ 4 Gb1 ~ 2 Gb2 ~ 4 Gb
大 (200 以上)4-8 Gb2 ~ 4 Gb4-8 Gb

メイン MS のヒープの領域


既定では、このヒープは、1 Gb です。ほとんどの場合、この値を 2 Gb に倍増することをお勧めします。多数 (数百ミリ秒ごと) のコレクターの導入や、システムを非常に大量のトランザクションを持つことが必要がありますよりヒープ領域を最適に実行します。

設定ファイル: /server/config/FactFinderMS.vmoptions

を設定: -Xmx2048m

4 gb のヒープ領域を拡張するには、は - Xmx4096m に上記の値を変更、変更を保存して MS にサービスを再起動、変更を有効にします。



MS Exec ヒープの領域

MS exec のヒープ領域は、メイン ・ ヒープとは別と履歴のクエリを表示するなど、いくつかのプロセッサ負荷の高い操作のために使用します。履歴のクエリが開始されると、FactFinder は MS のパフォーマンスに影響しないように、作業を実行する別の JVM を生成します。MS のメイン ・ ヒープのサイズの半分をまず始めにこの値を設定することをお勧めします。

設定ファイル: 、MS に/server/config/FactFinderMS.properties。

を設定: bluestripe.factfinder.ms.exec.heapSize

値を変更すた後には、変更を保存し、MS にサービスを再起動、変更を有効にします。



コンソールのヒープの領域 (ローカルおよび WebStart)

FactFinder MS にアクセスするために使用できるコンソールの 2 種類があります。ローカルにインストールされているコンソール、および Java WebStart コンソールです。

コンソールのローカル ヒープの構成ファイル: /console/config/FactFinderConsole.vmoptions

を設定: -Xmx2048m

WebStart コンソール構成ファイルをヒープ:FactFinderMS.properties

を設定: bluestripe.factfinder.consolewebstart.heapSize

ヒープの値を変更すた後には、変更を保存し、MS にサービスを再起動、変更を有効にします。

プロパティ

文書番号:3134887 - 最終更新日: 01/11/2016 02:36:00 - リビジョン: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134887 KbMtja
フィードバック