生成し、BlueStripe サポート チームにサポート データのパッケージをエクスポートする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134891
FactFinder の問題が発生した場合は、BlueStripe サポート チームが分析できるようにデータのサポート (SD) のパッケージをエクスポートする必要があります。SD を収集するために、SD を生成する FactFinder のコンソールの GUI を使用することができますか、またはローカルでは各コンポーネントを手動で SD コレクション スクリプトを実行することができます。

コンソールを使用して SD を生成しています。

コンソール GUI を使用して SD を生成する 2 つの方法があります。1 つの方法は、コンソールおよび MS の SD が生成されます、他の中に、コレクターの SD を生成します。

1. コンソール GUI を使用してコレクターの SD を生成しています。

コンソールで、[ツール] をクリックします > をコレクターの管理] ダイアログ ボックスをクリックします。

IP アドレスの横のボックスをチェックして SD を収集する collector(s) を選択します。

Collector(s) を選択したら、「データのサポート」をクリックします。

この手順のスクリーン ショットです。

既に開かれているサポート案件がある場合は場合、は、所定のフィールドに、サポート ・ リクエストの数を記録してください。

「保存 + 送信に BlueStripe」SD 当社の FTP サーバーに自動的にアップロードされますを選択してください。

2. コンソールまたはコンソール GUI を使用して MS の SD を生成しています。

コンソールで、[ヘルプ] をクリックしますか。'のエクスポートのサポート データ パッケージ' SD プロンプトを開きます。

既に開かれているサポート案件がある場合は場合、は、所定のフィールドに、サポート ・ リクエストの数を記録してください。

この手順のスクリーン ショットです。

既定では、このメソッドは、コンソール、MS、およびそのすべてのコレクターから SD を収集することにします。

」コレクターからは、集計データを収集も"を確認、MS によって管理されているすべてのコレクターからデータが取得されます、通常お勧めしませんを注意してください。

選択すると SD を収集するには、'保存 + BlueStripe に送信する] をクリックしてコンポーネントを自動的には FTP をサポートするための結果です。

Windows で手動で SD を収集します。

SD を収集したいとしているコンピューターにログインします。管理者権限を確認します。

Windows マシンでのインストール パスのスクリプト ディレクトリにある CollectBlueStripeData.vbs スクリプトを実行します。FactFinder バージョン 8 以降の場合は、開いているサポート チケットがある場合は、記入してください引数は、次の CLI を使用してチケット番号:-例<ticket number="">

例: CollectBlueStripeData.vbs - 1234年の場合

SD 収集スクリプトの場所:

コンソール:C:\Program Files\BlueStripe\FactFinder\Console\scripts

Java Web コンソールの開始: %AppData%\BlueStripe\FactFinderConsole-guid\scripts

管理サーバー:C:\Program Files\BlueStripe\FactFinder\Server\scripts

DB ローダー:C:\Program Files\BlueStripe\FactFinder\DBLoader\scripts

Windows コレクター:C:\Program Files\BlueStripe\Collector\scripts

これらのスクリプトは、FTP サーバーにアップロードできますし、コンピューターでローカルに SD ファイルを生成します。



AIX、Linux、Solaris では、手動で SD を収集します。

Aix の場合、Solaris または Linux コレクター収集-bluestripe-data.sh のスクリプトを実行にある、"/usr/lib/bluestripe ・ コレクター/スクリプト/」ディレクトリです。

SD を収集したいとしているコンピューターにログインします。ルートまたは sudo の権限があることを確認します。

当社の FTP サーバーにアップロードできますし、コンピューターでローカルに SD のファイルは、スクリプトが生成されます。しない限り、 <filename>--ファイル オプションを使用してスクリプトを使用して、サポート データ パッケージは、/var/log/bluestripe-collector に保存されます (場合ルート) コレクターのインストール ディレクトリの下にあるか、(root 以外の) スクリプトを実行するユーザーのホーム ディレクトリにします。

FactFinder バージョン 8 以降の場合は、開いているサポート チケットがある場合は、記入してください、チケット番号を使用して-場合 =<case number="">オプション。

例: 収集-bluestripe-data.sh - 大文字と小文字 = 1234年

SD 収集スクリプトの場所:

AIX、Solaris または Linux のコレクター: /usr/lib/bluestripe ・ コレクター/スクリプト/

管理サーバー: /usr/lib/bluestripe-管理-サーバー/スクリプト/

DB ローダー: /usr/lib/bluestripe ・ db ・ ローダー/スクリプト/

SD 出力をアップロードします。

接続:FTP または FTPS の [FTP セキュリティで保護された、TLS または SSL を使用する]

ホスト名: sd.bluestripe.com

ユーザー名: sdftp

パスワード:SD_uploads</case></filename></ticket>

警告: この記事は自動翻訳されています

Rekvizīti

Raksta ID: 3134891. Pēdējo reizi pārskatīts: 01/11/2016 02:41:00. Pārskatījums: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134891 KbMtja
Atsauksmes