BlueStripe FactFinder 8.1 の新しい

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134893
Web コンソール: v8.1.0 には、管理サーバーに、Web コンソール ・ インタ フェースが含まれています。Web コンソールには、アプリケーションとサーバーのリスト、マップ、アプリケーションのダッシュ ボード、および管理機能のサブセットが含まれています。ご使用のブラウザーをポイントhttps://<ManagementServer>: 8443/コンソール</ManagementServer>Web コンソールにアクセスします。

元の稼働状態の監視のダッシュ ボードは、今すぐ経由で直接アクセスできる新しい Web コンソールの一部として含まれるhttps://<ManagementServer>: 8443/execdashboard です</ManagementServer>

FactFinder Rest API:Rest API では、ライブ FactFinder のパフォーマンス、依存関係、およびアプリケーション データへのアクセスを提供します。分析のこの API を使用することができ、サーバーの依存関係に関するレポートを作成、アプリケーションの検出、キャパシティ ・ プランニング、パフォーマンスのベンチマーク、構成分析、およびその他の多くのユース ケースです。Rest API のドキュメントをアクセスするには、Web コンソールで、[バージョン情報] ボックスから、またはhttps://<ManagementServer>: 8443/apidoc です</ManagementServer>

いくつかの FactFinderMS.properties ファイルに Web コンソールをサポートするために新しいオプションがあります。管理サーバーをアップグレードする場合はこれらは、現在の設定には追加されますが、FactFinderMS.properties.new からコピーすることができます。これらは、プロパティ ファイルで指定されていないときに使用する既定値です。

組み込み型 Web サーバのデフォルトのポート
bluestripe.factfinder.webserver.port=8080
bluestripe.factfinder.webserver.secureport=8443

タイムアウト (ミリ秒単位) web サーバーへの接続
bluestripe.web.idleTimeout = 60000

Web コンソールおよび API の認証
bluestripe.web.api.auth.user.enabled = true

HTTPS を無効になる場合は true を設定する
bluestripe.web.api.http.enabled = false

HTTP アクセス コントロール (CORS):コンマ区切りのドメイン間アクセスを許可するホストのリスト
bluestripe.web.api.cors.origins =

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134893 - 最終更新日: 01/11/2016 02:44:00 - リビジョン: 1.0

BlueStripe

  • kbmt KB3134893 KbMtja
フィードバック