現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

EdgeTransport.exe は、有害なメッセージ キューでメッセージの詳細を表示する場合がクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3134952
現象
2013 の Exchange Server 環境では、以下の方法のいずれかを使用して、有害なメッセージ キュー内のメッセージの詳細を表示しようとするとき、EdgeTransport.exe がクラッシュします。
  • キュー ビューアーのコンソール
  • Get メッセージコマンドレットを使用しているとき、メッセージ IDExchange 管理シェルのオプション

原因
この問題は、メッセージ IDを指定することによって、有害なメッセージにアクセスすると、内部的に使用されるカウンターの値が増加しないために発生します。このような場合は、例外が発生し、EdgeTransport.exe がクラッシュします。
解決方法
この問題を解決するのには次のようにインストールします。 累積的な更新 12 Exchange Server 2013年またはそれ以降の Exchange Server 2013年の累積的な更新.
回避策
この問題を回避するには、 ・ キューオプション次の例のように、メッセージ ID ] オプションではなく。

get メッセージのキュー サーバー名\poison

注: <b>キュー ビューアーのコンソールを使用する場合、回避策はありません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3134952 - 最終更新日: 03/15/2016 19:52:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3134952 KbMtja
フィードバック