クラウド ベースの検出、UPN 強制 OrgID と Azure から SIP の自動検出の Skype のビジネス クライアント

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3135145
概要
マイクロソフトの Skype ビジネス 2016年および Microsoft Lync 2013 (ビジネスのためのマイクロソフト Skype) に追加される新しい機能をクラウド ベースの検出、ORGID と Azure (とも呼ばれる「Lync 記号 1 秒間に」) からの自動検出を SIP の UPN の強制は以下のセキュリティ更新プログラムを適用した後。

詳細
これらの新機能は、Office 365 の Skype を使用して、オンライン ビジネスのお客様のサインイン エクスペリエンスを向上させます。

クラウド ベースの検出

クラウド ベースの検索は、検索し、サインインに Office 365 の Skype ビジネス オンラインのテナントの DNS レコードが存在しないか、正しく構成されていない場合にクライアントを使用できます。 一部のシナリオでは、クラウド ベースの検出では、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を制御する必要があります。クラウド ベースの検出を無効にするには、次のレジストリ設定を使用するクライアントによって、クライアント コンピューターに展開します。

Lync 2013 (ビジネス用の Skype) クライアントの場合。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync
ビジネス 2016年クライアントの Skype: の

HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Lync
クラウド ベースの検出ロジックを無効にするには、REG_DWORD として、 DisableCloudBasedDiscoveryパラメーターを設定するのには次のコマンドを実行します 1:
reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync /v DisableCloudBasedDiscovery /t REG_DWORD /d 1 /f

OrgID の UPN の強制

OrgID の UPN の強制には、今すぐ OrgID 認証チャレンジをクライアントに提供する場合は、UPN 形式 (作成 user@domain.com) の資格情報を入力するユーザーが必要です。Azure Active Directory (AAD) のフェデレーション ユーザーの UPN のドメインが有効な場合、この機能は通常構成されています。たとえば、Exchange、SharePoint、またはビジネス用の Skype のハイブリッドが設定されている場合と、テナントの最新の認証 (ADAL) が有効になっていない場合は、Office 365 は、OrgID 認証を使用します。

OrgID 認証チャレンジが検出されると、クライアントは UPN 形式 (作成 sipaddress@contoso.com) を今すぐ適用され、NTLM 形式 (ドメイン ユーザー) を受け付けなくなりました。

ビジネス オンラインの Skype での最新の認証に関する詳細については、次を参照してください。 Office 2013 または Office 2016 のクライアント アプリケーションの認証動作.

Azure から SIP の自動検出

呼ばれる「Lync 記号、2 番目の」は、この機能は、Azure Active Directory (AAD) とユーザーの SIP アドレスのクエリを認証するために既存の Office 365 が格納されている資格情報を使用するクライアントを有効にします。クエリが成功した場合は、クライアントは自動的にオンライン ビジネスの Skype にサインインするのには、SIP アドレスと資格情報を使用します。

以前のクライアント バージョンでは、ユーザーが常に求められています、SIP アドレスと資格情報をオンライン ビジネスのテナントの Skype にアクセスする場合でも、有効な Office 365 資格情報がコンピューターに格納されている必要があります。

ストアド資格情報が有効でない場合、または AAD に SIP アドレスのクエリが失敗した場合は、クライアントが以前の動作に戻ります、有効な資格情報のユーザーの課題をします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3135145 - 最終更新日: 01/25/2016 18:08:00 - リビジョン: 3.0

Skype for Business 2015, Skype for Business 2016

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3135145 KbMtja
フィードバック