有効期限が切れた不在時のメッセージは、メールボックスが Exchange Server 2013年に移動した後

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3135599
現象
次のような状況を考えます。
  • ユーザーは、Microsoft Exchange Server 2007年を実行しているサーバー上にあるメールボックスを持ちます。
  • このユーザーは、Outlook または Outlook Web Access (OWA) で自動返信 (「Office の」通知) を有効にします。
  • ユーザー設定の日付範囲の自動返信をスケジュールします。
  • ユーザーのメールボックスは、自動返信の Exchange 2013 に、スケジュールされた日付の範囲内で移動されます。
このシナリオでは、送信者は、自動返信の日付の範囲の有効期限が切れた後、このメールボックスから"不在時の Office"の通知を受信する続行します。
原因
この問題は、メールボックスが Exchange 2007 サーバー上にあるときに、Microsoft Exchange Server 2013年の自動応答で使用されるプロパティが設定されないために発生します。
回避策
この問題を回避するのには、メールボックスを移動した後は、自動返信手動でを無効にします。自動返信を再度有効にし、必要に応じて、スケジュールをリセットします。
詳細
Exchange によって自動的に [不在時の Office"の通知を送信する方法の詳細については、Office の次の資料を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3135599 - 最終更新日: 01/22/2016 23:37:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition

  • kbsurveynew kbmt KB3135599 KbMtja
フィードバック