For Mac Office 2016 のボリューム ライセンスのシリアライザー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3135924
概要
15.17 の更新 Office 2016 年のリリースでは、Mac、for Mac Office 2016 を配置するときに柔軟性を高めるため、ボリューム ライセンスのお客様に新しいツールを利用しました。ツール一般的と呼ばれ、theVL シリアライザーでは、Mac の標準的なパッケージで、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) の Office の 2016 年の ISO のダウンロードに含まれている補足の .pkg ファイルの形式になります。VL シリアライザーは、Mac のローカル コンピューターに Office の 2016 年の現在のバージョンをアクティブにする小さなコマンド ライン ツールです。
解決方法
VLSC から最新のスイートのインストールが、ボリューム ライセンス版 Office の 2016 年の Mac 用をダウンロードしたお客様は ISO イメージに含まれている 2 つのパッケージがあることに注意してください。
  • Microsoft_Office_2016_Volume_Installer.pkg
  • Microsoft_Office_2016_VL_Serializer_2.0.pkg

約 1.5 GB は、最初のパッケージは、ソフトウェアのボリューム ライセンス エディションの完全なスイートのインストールです。この 1 つのパッケージをインストールすると、Word、Excel、PowerPoint、Outlook を展開して、computerand 上の OneNote は、ボリューム ライセンスをアクティブにします。

コンピューター thatalready 上で実行するよう設計されています 2 番目のパッケージは、約 5 MB では、Mac を導入するために Office 2016 を持ちます。展開されている現在のバージョンは、ライセンスのない、アクティブ化された、または Office 365 用に設計されたが、場合でも、VL のシリアライザーはボリューム ライセンスに強制的にアクティブになります。
詳細
For Mac Office 2016 のボリューム ライセンス エディションでは、対象となるお客様は特定のユーザーのコンピューター上の Office アプリケーションのコピーを事前にアクティブ化を導入します。15.17、更新する前にのみサポート可能なボリューム ライセンスを展開する方法は、VLSC から完全なアプリケーションのインストーラーを実行するでした。
この動作のための IT 部門に頼っていた場合のコンピューター間でライセンスの plist をコピーするなど、サポートされていない回避策です。

Q & A

  1. Office 2016 を導入していないコンピューターに対して VL シリアライザーを実行することは可能でしょうか。

    A: はい。VL シリアライザーの最初のリリースは、この構成をサポートしていません、ツールのバージョン 2.0 ライセンス 2016 の Office をインストールする前に作成することができます。
  2. Q は、VL シリアライザー パッケージ実際に含まれているでしょうか。

    A: バイナリ実行可能ファイルが「Microsoft Office セットアップ アシスタント」です。実際にボリューム ライセンスをアクティブにするこの実行可能ファイルです。
  3. Q: は、VL のシリアライザーのパッケージを更新 15.17 とのみ互換性があるでしょうか。

    A: いいえ過去をアクティブにするために使用できる、現在、および将来のビルドで 2016 の Office for mac の VL のシリアライザーでは、取り入れる、15.17 パッケージですが、
  4. VL シリアライザーの独自のコピーは、q: 各顧客または組織から必要ですか。

    A: いいえすべてのボリューム ライセンス顧客のインストール環境間で共有されている 1 つのキーを含む 1 つの VL シリアライザー パッケージがあります。
  5. Q: はボリューム ライセンス実際が存在するディスク上のアクティブ化後でしょうか。

    A: で/Library/Preferences/com.microsoft.office.licensingV2.plist ディレクトリです。
  6. Q: なぜ、サポートされていないコンピューター間でライセンスの plist をコピーするのには?

    A: ライセンスの plist VL シリアライザーによって生成されるには、生成されたコンピューターのブート ドライブのシリアル番号を使用して暗号化されたデータが含まれています。各 Office アプリケーションの起動時に、plist は復号化キーとして現在のブート ドライブのシリアル番号を使用して復号化します。データを復号化できない場合 (たとえば、ブート ドライブのシリアル番号は異なります)、Office は、警告なしにライセンスなしの状態になります。
  7. Q VL シリアライザー動作 Office 2011 の Mac のでしょうか。

    A: いいえ、VL のシリアライザーは、for mac Office 2016 を特定
  8. Q: 場合は、VLSC からダウンロードした ISO から Mac の 2016 年の Office のボリューム ライセンス版をインストールしてもまだ必要は VL のシリアライザーを実行するのには?

    A: いいえボリューム ライセンスのインストーラーは既に functionalitybuilt で VL のシリアライザーを使用しています。
ボリューム ライセンス サービス センターの VLSC 2016 の office の Mac シリアライザーの office 展開ツール

プロパティ

文書番号:3135924 - 最終更新日: 07/25/2016 14:03:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office 2016 for Mac

  • kbmt KB3135924 KbMtja
フィードバック