オプトインして for Mac Office 2016 の Office 内部からプログラムを選択する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3136076
概要
Office 内部からのプログラムでは、すべてのプラットフォームで Office ユーザーのために作成された最新の製品の初期のアクセスを提供する新しいプロジェクトを始めるです。このプログラムの詳細については、次の Office web サイトを参照してください。

For Mac Office 2016 は、2016 年 1 月 5 日にリリースの Microsoft 自動更新 (MAU) 3.4 内部からの Office プログラムの公式のサポートを開始しました。2016、5 月 10 日に MAU の 3.5 のリリースでは、Office 内部からの低速と高速 Office 内部からのレベルのサポートが導入されました。更新された MAU には、またはプログラム、およびレベルを選択」ドロップ ダウン メニューからを選択するチェック ボックスが含まれています。レベルでは、種類や内部関係者に提供されている更新の頻度を決定します。Office 内部からチェック ボックスをオンし、ドロップ ダウン メニューは、[MAU] ダイアログ ボックスの次のスクリーン ショットで確認できます。

オプトインまたはオプトアウト プログラムに顧客を可能にする] チェック ボックス
解決方法
内部プログラムの技術的な実装には、MAU で複数のチャネル (ビルド) のサポートが含まれます。適切なチャネルを確認するのには、MAU は、マイクロソフトでホストされている XML ファイルのセットでエンコードされている規則を使用します。

既定では、MAU は、更新を確認するときに「本番」チャネルを使用します。Office 内部からのチェック ボックスを選択し、Office 内部からの低速」ドロップ ダウン メニューで選択されて、MAU は、「外部」のチャンネルに切り替えられます。Office 内部から高速を選択すると、チェック ボックスを選択すると、MAU は"InsiderFast"のチャンネルに切り替わります。これらのチャネルは、microsoft の別のパスを参照してください。現在のチャネルの設定を表示するには、ターミナルで次のコマンドを実行しています。

defaults read com.microsoft.autoupdate2 ChannelName
書式は次のキーでは、値がないか、見つからないか、チャネルが使用される生産。 場合、次の表は、書式は次の有効な値を一覧します。

書式は次XML パスを使用
生産https://www.microsoft.com/mac/autoupdate
外部https://www.microsoft.com/mac/External
内部https://www.microsoft.com/mac/Internal
カスタム'ManifestServer' のキーの値
InsiderFasthttps://www.microsoft.com/mac/InsiderFast
詳細
Office 内部からプログラムの Mac の実装と若干異なって他のプラットフォームとしては、次のように。

  • Mac の内部からは、Office 365 サブスクリプション サーバーだけでなく、お客様の任意の種類にできます。
  • Mac の内部からの選択では、ローカル コンピューターの設定に基づいています。すべてのコンピューターに、または自分のアカウントには適用されません。
  • Mac 内部関係者は、for Mac 更新プログラム、更新プログラムがすべてのユーザーにリリースする前に、約 7 日間の新しい Office 2016 にアップグレードできます。
Mac 内部関係者は、次のレベルから選択できます。

  • Office 内部からの低速:更新プログラムを完全にサポートされているすべてのユーザーに更新プログラムをリリースする前に、約 7 日間を提供します。
  • Office 内部から高速:毎週、および維持がよりゆっくりと生産の 1 つのバージョンをビルド約サポートされていない更新プログラムが用意されています

よく寄せられる質問

Q: IT 部門には、プログラムにオプト インすることからユーザーを停止するのには [内部] チェック ボックスが無効にするか。

A:はい。ターミナルのコマンドは次のとおりです。

defaults write com.microsoft.autoupdate2 DisableInsiderCheckbox –bool TRUE 
ただし、多くの企業のお客様、OS X の設定プロファイルからこの設定を設定することができます。

Q.内部のチャネルとは何ですか?

A:内部のチャネルより積極的な安定ではないビルドの更新を受信します。通常生産チャネルの前に 14 日以内に発生します。マイクロソフトの内部テストとソフトウェアの更新または新しい機能の実装を評価する必要があるパートナーの内部のチャネルの主な目的です。内部のチャネルは、すべてのユーザー インターフェイスを通じては公開されません。ただし、既定の設定] コマンドを使用して、チャネル名を設定できます。

Q.方法は、ユーザー関連内部プログラムですか?

A:まず、[内部] チェック ボックスをオフにします。ただし、これ以降のビルドの更新通知だけに影響し、現在インストールされているソフトウェアに戻すことはできません。Office 内部から時間がかかり、非本番環境の構築を (7) 日本番ビルドにアップグレードする前にそれぞれの月の approximatelyseven に対してのみ実行した後は可能性のあるユーザーが既に実行されている同じビルド生産チャネルとして。ただし、ユーザーが最近、Office 内部からの低速のビルドがインストールされている以前の製造オーダーのリリースに戻すには場合、は、ビルドを削除し、ダウンロードして古い更新プログラムをインストールする必要があります。Office 内部から高速にかかる場合があります 1 か月に Office 内部からの低速および特定の月の中に本番前の 1 つのバージョンをしているため、次の本番リリースを受信します。したがって、ユーザーは、ビルドを削除し、ダウンロードして古い更新プログラムをインストールする必要があります。MacAdmins 古いリリースを検索するための適切なリソースです。
Office 2016 Mac 内部関係者によるプログラムのオプトイン脱退

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3136076 - 最終更新日: 05/11/2016 22:24:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office 2016 for Mac

  • kbmt KB3136076 KbMtja
フィードバック