Internet Explorer 11 を別のユーザーとして実行する場合は、web から印刷できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3136268
現象
次のような状況を考えます。
  • 64 ビット バージョンのユーザー アカウント A. を使用して、Windows にログオンします。
  • (オプションを使用して別のユーザーとして実行) には、B のユーザー アカウントを Internet Explorer 11 を実行します。
  • 任意の web ページを参照するには、この Internet Explorer のインスタンスを使用します。
  • Web ページの内容を印刷しようとするとします。

このシナリオでは、ドキュメントが印刷されません。エラーは表示されません。
原因
プリンターについてより詳細な Internet Explorer 11 では、新しい Api を使用して、取得するため、この問題が発生します。これらの新しい Api は、呼び出し元アプリケーションは、32 ビット アプリケーションのセッションのユーザーとして実行する必要があります。
回避策
この問題を回避するには、本当に別のユーザーとして Internet Explorer 11 を実行する必要があるかどうかを決定します。それ以外の場合は、この依存関係を削除します。

詳細
印刷の手順を担当する、iexplore.exe プロセスが 64 ビット プロセスであることを確認する場合は、印刷が正しく動作する必要があります。1 つのプロセスを使用する Internet Explorer の 11 を設定することによってこれを行う (TabProcGrowth = 0)、これはセキュリティの低下になり、アプリケーションの互換性の問題が発生する可能性がします。

また、強化された保護モード (EPM) を有効にし、64 ビットを使用するすべてのプロセスを強制的に可能性がありますが、保護されたモードでは、セキュリティ ゾーンに属する web サイトには、(通常、インターネット ゾーンだけ) が有効になっているだけに適用されます。アプリケーションの互換性の問題もあります。

問題を解決するトリガーすることがあります、ここでの回避策のいずれもが推奨されます。したがって、依存関係を削除することは、最適なオプションです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3136268 - 最終更新日: 02/11/2016 19:01:00 - リビジョン: 1.0

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3136268 KbMtja
フィードバック