現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] Windows 2000 で回復コンソールを使用してドライバを置き換える方法

概要
この資料では、Windows 2000 ベースのコンピュータ上で、回復コンソールを使用してドライバを置き換える方法について順を追って説明します。

先頭に戻る

前提条件

ドライバを置き換えるには、破損していないドライバ ファイルが必要です。また、ドライバがどのフォルダにあるのかを知っている必要もあります。

: 回復コンソールにアクセスできるのは、Administrator アカウントだけです。ドメイン コントローラ上で回復コンソールを使用するには、DS 復元パスワードが必要です。DS 復元パスワードは、Active Directory インストール ウィザードの実行中に指定します。

先頭に戻る

回復コンソールを起動する

回復コンソールを起動するには、次のいずれかの方法を使用します。

回復コンソールがインストールされていない場合

  1. Windows セットアップ フロッピー ディスクまたは Windows CD-ROM を使用してコンピュータを起動します。
  2. インストールの修復では、[セットアップへようこそ] 画面で R キーを押し、次に C キーを押して回復コンソールを起動します。
  3. 修復する Windows インストールを選択して Enter キーを押します。
  4. Administrator パスワードを入力して Enter キーを押します。

    : 回復コンソールでは、Windows 2000 のインストール時に設定した Administrator パスワードが使用されます。Windows 2000 のインストール後 Administrator パスワードを変更しても、その変更は回復コンソールには適用されません。
先頭に戻る

回復コンソールがインストールされている場合

  1. コンピュータを再起動します。
  2. [オペレーティング システムの選択] で [ Microsoft Windows 2000 回復コンソール] を選択します。

    : 回復コンソールが一覧に表示されない場合、回復コンソールはインストールされていません。「回復コンソールがインストールされていない場合」の手順に従って回復コンソールを起動してください。
  3. 修復する Windows インストールを選択して Enter キーを押します。
  4. Administrator パスワードを入力して Enter キーを押します。

    : 回復コンソールでは、Windows 2000 のインストール時に設定した Administrator パスワードが使用されます。Windows 2000 のインストール後 Administrator パスワードを変更しても、その変更は回復コンソールには適用されません。
先頭に戻る

Windows 2000 インストール CD-ROM からドライバ ファイルを抽出する

インストール ファイルは、Windows 2000 インストール CD-ROM の圧縮フォルダと呼ばれるキャビネット (.cab) ファイルに格納されています。ドライバ ファイルは、Driver.cab ファイルに格納されています。

Windows 2000 インストール CD-ROM に含まれている元のドライバ ファイルを使用して破損したドライバ ファイルを置き換えるには、次の手順を実行します。
  1. Windows 2000 インストール CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。
  2. 回復コンソールのコマンド プロンプトで次の行を入力して Enter キーを押します。
    expand d:\i386\driver.cab /f:ファイル名 [パス]
    このコマンドで、d: を CD-ROM ドライブ文字に、ファイル名を展開するファイル名に、パスをドライバ ファイルのコピー先のフォルダに、それぞれ置き換えます。通常、ドライバ (.sys) ファイルは、%systemroot%\System32\Drivers フォルダに格納されます。

    たとえば、Atimpab.sys ドライバ ファイルを置き換えるには、次のとおり入力します。
    expand d:\i386\driver.cab /f:atimpab.sys %systemroot%\System32\Drivers\
    Driver.cab キャビネット ファイルには複数のファイルが含まれているため、このコマンドでは、/f スイッチを使用する必要があることに注意してください。
先頭に戻る

COPY コマンドを使用してドライバ ファイルを置き換える

必要なドライバ ファイルがキャビネット (.cab) ファイルにない場合、回復コンソールの copy コマンドを使用して、破損したファイルを上書きすることができます。そのためには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで次の行を入力して Enter キーを押します。
    copy [コピー元パス]コピー元ファイル名 [コピー先パス]コピー先ファイル名
    このコマンドで、コピー元パス をコピー元ファイルのパスに、コピー元ファイル名をコピー元ファイルの名前に、コピー先パスをコピー先ドライバ ファイルのパスに、コピー先ファイル名をコピー先ドライバ ファイルの名前に、それぞれ置き換えます。

    たとえば、Atimpab.sys ファイルをフロッピー ドライブの正常とわかっているコピーで置き換えるには、次のとおり入力します。
    copy a:\atimpab.sys c:\winnt\system32\drivers\atimpab.sys
    回復コンソールの copy コマンドでは、ワイルドカード文字はサポートされていません。そのため、一度にコピーできるのは 1 ファイルだけです。複数のファイルを置き換える必要がある場合は、copy コマンドを複数回使用します。

  2. 既存のファイルを上書きすることを確認する画面が表示されたら、Y キーを押して、次に Enter キーを押します。
先頭に戻る

既存のインストールに回復コンソールを追加する

winnt32.exe /cmdcons コマンドを使用して、Windows 2000 の既存のインストールに回復コンソールを追加することができます。回復コンソールを追加するには、ハード ディスクのシステム パーティションに約 7 MB の空き領域が必要です。

: ソフトウェア ミラーリングを使用している場合は、次の文書番号をクリックして、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
229077 [NT] ミラーリングが修復コンソールのプレインストールを妨げる
回復コンソールのインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
222478 リモート インストール サーバーを使用した回復コンソールを実行するテンプレートの作成
先頭に戻る
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 313670 (最終更新日 2003-09-22) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:313670 - 最終更新日: 06/16/2004 06:43:00 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • kbhowtomaster KB313670
フィードバック