データ ウェアハウスのジョブが失敗してイベント ID 33502 が記録されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3137611
現象
Microsoft システム センター 2012年サービス マネージャーで、データ ウェアハウスのジョブが失敗します。この問題が発生した場合、データ ウェアハウス サーバーに Operations Manager イベント ログに次のイベントが記録されます。

Operations Manager のログ名:
データ ウェアハウスのソース:
イベント ID: 33502
レベル: エラー
説明:
ETL のモジュールの実行が失敗しました。
ETL プロセスの種類: 変換
バッチ ID: ###
モジュール名: TransformEntityRelatesToEntityFact
メッセージ: タイムアウトの期限が切れています。操作の完了前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。


また、特定のデータ ウェアハウスに関連するコマンドレットを実行すると youfrequently にはタイムアウト エラーが次のようなTransformEntityRelatesToEntityFactモジュールの記録参照してください。

Get SCDWJobModule の-態の transform.common
. . .
1952 TransformEntityRelatesToEntityFact が失敗しました。
. . .
原因
この問題は、トランス フォーム データの量は、タイムアウト期間内にトランス フォームのモジュールで処理できる量を超えた場合に発生することができます。これは、通常、変換されるデータの量を簡単にバックログになるために、しばらくの間、データ ウェアハウス ジョブが無効にした後に発生します。データ ウェアハウスの変換ジョブでは既定では、ハードコードされた 60 分のタイムアウトがあります。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

この分離し、短期的な問題と思われる場合は、操作を機能している状態に戻るにバックログが残っている変換されたジョブを処理します。これを行うには、開始されていないまたは失敗として表示されるすべてのデータ ウェアハウス ジョブの状態を待ってから、次の手順。

  1. 日付ウェアハウス サーバーに切り替えて serviceat の管理者特権でコマンド プロンプトを停止します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Net Stop HealthService

    注: <b>サービス マネージャーのバージョンによって、Microsoft の監視エージェントまたはシステムの中央管理のいずれかとしてこのサービスの名前を表示可能性があります。
  2. 失敗しているTransform.Commonジョブ内のモジュールのモジュール名の値を反映するために次の SQL Server クエリを更新します。この例では、TransformEntityRelatesToEntityFact を使用します。

    注: <b>サービス マネージャー コンソールを開き、[データ ウェアハウス] をクリックして、データ ウェアハウスをもう一度クリックして、[データ ウェアハウス ジョブ] をクリックし、 Transform.Commonには、不足しているモジュールのモジュール名の値を表示する最も簡単な方法です。下部中央のウィンドウでは、モジュールと現在の状態の一覧を表示できます。変更を実行した後は、クエリを実行します。

    Use DWStagingAndConfig  declare  @mybatchid INT,  @mysourceid INT,  @outXML XML,  @myProcessCategoryName NVARCHAR(100),  @myProcessName NVARCHAR(100),  @myModuleName NVARCHAR(100),  @sqlString NVARCHAR(150),  @paramDef NVARCHAR(100)  set @myProcessCategoryName = N'Transform'  set @myProcessName = N'Transform.Common'  set @myModuleName = N'TransformEntityRelatesToEntityFact'  USE DWStagingAndConfig  create table #MyTempTable (  ProcessCategoryName NVARCHAR(150),  ProcessName NVARCHAR(150),  BatchId INT,  BatchStatus NVARCHAR(150),  WorkItemStatus NVARCHAR(150),  WorkItems INT  )  insert #MyTempTable  exec Infra.GetBatchDetails @ProcessCategoryName=@myProcessCategoryName, @ProcessName=@myProcessName  select @mybatchid = BatchId from #MyTempTable  select @mysourceid = sourceid from etl.source where SourceName='SCDW'  create table #MyTempTable2 (  myWaterMark XML  )  insert #MyTempTable2  exec etl.GetWaterMark @BatchId=@mybatchid, @ModuleName=@myModuleName, @ProcessName=@myProcessCategoryName, @SourceId=@mysourceid  select @outXML = myWaterMark from #MyTempTable2  create table #MyTempTable3 (  myWaterMark XML,  BatchId INT,  UpdatedRowCount INT,  InsertedRowCount INT  )  USE DWRepository  set @paramDef = N'@ioutXML XML'  set @sqlString = 'insert #MyTempTable3 exec ' + @myModuleName + 'Proc @WaterMark=@ioutXML'  exec sp_executesql @sqlString, @paramDef, @ioutXML=@outXML  select @mybatchid = BatchId, @outXML = myWaterMark from #MyTempTable3  USE DWStagingAndConfig  exec etl.SetWaterMark @BatchId=@mybatchid, @ModuleName=@myModuleName, @ProcessName=@myProcessCategoryName, @SourceId=@mysourceid, @WaterMark=@outXML  drop table #MyTempTable  drop table #MyTempTable2  drop table #MyTempTable3
  3. 管理者特権のコマンド プロンプトで切り替えてサービスを再起動します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Net Start HealthService
注: <b>いくつかの時間に、またはいくつかのモジュールで、次の手順を繰り返すことがあります。

方法 2

Forefront 識別マネージャー (FIM) を使用している場合、サービス マネージャーが到達するデータのフローが発生したため、この問題が再発する可能性があります。このデータの作業負荷を分散するには、2 時間おきに 8 時間ごとの既定値からFIM_ScheduleReportingIncrementalSynchronizationJobのスケジュールを変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. SQL Server Management Studio、FIM データベースへの接続、 SQL Server エージェントを展開および、[ジョブ] をクリックします。
  2. FIM_ScheduleReportingIncrementalSynchronizationJobを右クリックし、プロパティ] をクリックし、[スケジュール] をクリックします。
  3. 変更、にすべてFIM_UpdateReportingIncrementalSynchronizationJobSchedule_12時間の値です。

方法 3

長期的なソリューションでは、Microsoft システム センター 2012 R2 サービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 4 (UR4) またはそれ以降のバージョンにアップグレードします。更新プログラムのロールアップ 4 以降では、サービス マネージャーを使うと、調節可能なタイムアウトがあります。また、既定のデータ ウェアハウスの変換ジョブのタイムアウトは 60 分から 180 分に変更します。3 時間には、Transform.Commonモジュールを完了するに十分な長さのない場合は、次のレジストリ値を変更することによって値を変更できます。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\System Center\2010\Common\DAL

SqlCommandTimeout = (1 秒間に 32 ビットの DWord)

注: <b>Forefront ユーザー マネージャーを使用する場合は、サービス マネージャー 2012 R2 のサポートを入手するのには、マイクロソフトの個人情報管理 2012 R2 にアップグレードする必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

Rekvizīti

Raksta ID: 3137611. Pēdējo reizi pārskatīts: 03/28/2016 21:54:00. Pārskatījums: 2.0

Microsoft System Center 2012 Service Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 R2 Service Manager

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3137611 KbMtja
Atsauksmes