Oracle データベースからの数値データ型をクエリすると、修正プログラム: パフォーマンスが低下

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3138659
現象
次のような状況を考えます。
  • Microsoft SQL Server 2012年または SQL Server の 2014 年のリモートのソースとして、Oracle データベースにアクセスするリンク サーバーを構成して、そのリンク サーバーの"Oracle.OleDB"の ole Db プロバイダーを使用します。
  • Oracle テーブルを参照するリモート クエリを使用して、そのテーブルには、Oracle の独自の番号の種類を 1 つまたは複数の列が含まれています。このテーブルに多数の行にもあります。

このシナリオでは、従来の Microsoft"MSDAORA"の ole Db プロバイダーと比較してパフォーマンスの問題があります。この問題は、"Oracle.OleDB"のプロバイダーは、SQL Server に数値データ型を報告する方法が原因で発生します。
解決方法
この問題を解決するには、この更新プログラムを適用し、トレース フラグ TF9394 を有効にします。トレース フラグ TF9394 を有効にするには、「関連情報」を参照してください。

累積的な更新プログラムの情報

以下の更新プログラムでこの問題が修正します。
SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
9394 のトレース フラグを有効にする方法

9394 の起動時やユーザー セッションでトレース フラグを有効にできます。このトレース フラグはグローバル レベルまたはセッション レベルのいずれかの効果を持ちます。9394 のトレース フラグを有効にするには、 DBCC TRACEONコマンドを使用してまたは– T 9394を起動時のパラメーターとして使用します。

DBCC TRACEON\TRACEOFFを使用する場合これを再生成しないストアド プロシージャの場合は、新しいキャッシュされたプランです。トレース フラグなしで作成したキャッシュ内のプランがあります。

グローバル レベルおよびセッション レベルのトレース フラグを有効にするまたはトレース フラグを無効にする方法についての詳細については、SQL Server Books Online の以下のトピックを参照してください。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3138659 - 最終更新日: 05/31/2016 10:17:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB3138659 KbMtja
フィードバック