現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

起動時に DHCP から IP アドレスを取得するためにネットワーク アダプターに障害が発生しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3139296
現象
Windows Embedded POSReady 2009 および Windows 埋め込まれた標準的な 2009年では、ネットワーク アダプターは起動時に、少し後に、DHCP を使用して IP アドレスを取得するために断続的に失敗します。システム完全に起動後、DHCP およびその他の影響を受けるネットワーク サービスは期待どおりです。
原因
Startという名前は、REG_DWORD の値とHKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AFDのレジストリ キーの既定値は、 0x2です。この設定、AFD が発生します。起動プロセスの後半でロードするシステム サービスです。AFD が必要なため、さらに、DHCP サービスおよび他のネットワーク サービスの起動を遅延します。起動プロセスで以前のバージョンをロードするシステムです。
解決方法
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AFDのレジストリ キーでStartの値を0x1に変更します。これにより、起動シーケンスが正常に機能します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3139296 - 最終更新日: 02/04/2016 21:49:00 - リビジョン: 2.0

Windows Embedded POSReady 2009, Windows Embedded Standard 2009

  • kbmt KB3139296 KbMtja
フィードバック