[WD2002] Word で COM オブジェクトのメニュー アイテム (CommandBarControl) への参照が失われる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP313948
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
下記の資料に記載されている手順、または類似の方法を使用して、Visual Basic COM アドインから Microsoft Word にメニュー アイテムを追加しても、期待どおりに機能しない場合があります。
238228 HOWTO: Build an Office 2000 COM Add-In in Visual Basic
原因
この問題は、作成したメニューが Microsoft Word にとって一意でないことが原因です。メニュー アイテムが一意でない場合、CommandBarControl オブジェクトへの参照は失われます。

メニューが一意である必要があるのは Microsoft Word だけです。Microsoft Excel および Microsoft PowerPoint では必要ありません。したがって、PowerPoint および Excel で同じコードを使用してコントロールを追加した場合、コードは期待どおりに機能します。
解決方法
次の解決方法は、『Microsoft Office XP Developers Guide』 (Microsoft Press、ISBN 0 7356 1242 0) の 319 ページ上部からの引用です。
Word でアドインを実行する場合は、CommandBarButton オブジェクトの Tag プロパティを一意の文字列型 (String) の値に設定する必要があります。これにより、コマンド バーのボタンは Click イベントに応答するようになります。このアドインは、ユーザーが新規にドキュメント ウィンドウを作成するたびにロードされます。Tag プロパティには、コントロールに関するその他のさまざまな情報も含めることができるので、どのホスト アプリケーションでも、COM アドインをロードするコマンド バー ボタンには Tag プロパティを設定すると良いでしょう。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 313948 (最終更新日 2002-05-13) をもとに作成したものです。

VBE VBA
プロパティ

文書番号:313948 - 最終更新日: 01/06/2015 07:57:48 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Word 2002 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbdta kbpending kbvba KB313948
フィードバック