4.6.1 と Windows 上で 4.6 は、.NET Framework の修正プログラム ロールアップ 3139551

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3139551
製品とオペレーティング システムに適用されるこの資料を参照してください。

4.6.1 の Microsoft.NET Framework と.NET Framework の 4.6 では、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2008 SP2、および Windows Vista SP2 で利用可能な 3139551 の修正プログラム ロールアップについて説明します。この修正プログラム ロールアップの修正プログラムの詳細についてを参照してください、」この修正プログラム ロールアップで修正される問題セクションに進んでください。
解決方法

ダウンロード情報

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。
詳細

必要条件

この修正プログラムを適用するには、.NET Framework の 4.6.1 またはがインストールされている.NET Framework 4.6 が必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージには、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは交換してください。

この修正プログラム ロールアップで修正される問題

問題 1

WPF アプリケーションでは、ツリー ビューのコンテキスト外のTreeViewItemを使用する場合、アプリケーションのいない例外のスタック トレースは次のように起動が出ることができます。

System.Windows.Controls.VirtualizingStackPanel.FindScrollOffset(Visual v)

<b>TreeViewItemTreeViewItemまたはその子孫のいずれかのスクロールのオフセットを見つけようとする仮想化されたリスト コントロール (リスト ボックスデータ グリッド、またはリスト ビューコントロールなど) の場合、この例外が発生します。たとえば、データ テンプレートのルートとして、 TreeViewItemを宣言して、データ テンプレートは、データ グリッドとして使用する場合に、この例外が発生します。

問題 2

System.Web.CachingSystem.Runtime.Cachingの両方は、キャッシュ項目で使用されるメモリの代わりにアプリケーション ドメイン全体で使用されるメモリのサイズを報告します。

これは、問題は、.NET Framework 4.5 からタイマーの実装が変更されたためです。間違ったサイズのほか、キャッシュによって参照される他のオブジェクト gen2 GC の待機時間に大きく影響します。シナリオをホストしている ASP.NET は、キャッシュも誤って計算されたすべてのアプリケーション ドメイン内のすべてのキャッシュのサイズ (「キャッシュ % プロセス メモリの制限に使用されている」ASP.NET パフォーマンス カウンターで報告される) とアプリケーション ドメインがリサイクルされます。

この修正プログラムは、適切なサイズが報告されるため、意図しない参照をキャッシュから、他のアプリケーション ドメインのオブジェクトを削除します。この修正プログラムには、Server GC を使用しているマルチコア コンピューターで、System.Runtime.Caching の遅延時間を向上させるために加えられた変更も含まれています。さらに、この修正プログラムを適用すると後のシナリオを再利用するアプリケーション ドメイン内のすべてのキャッシュのサイズが正しく計算されます。

問題 3

タッチ ユーザーとの対話を処理するために移動のタッチ、マウスの上位変換に依存している Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションがある場合 (の代わりを使用して直接タッチ イベント)、昇格したマウスの移動量が異常に低いが発生する可能性があります。

以前は、タッチの調整の WPF マウスのプロモーションは、ディスパッチャーに大きな負荷がタッチの大きなボリュームに移動することを避けるために移動します。4.6.1.NET Framework で、タッチ数の移動処理を調整する修正プログラムが登場しました。この変更をマウスの数で、さらに低下の原因となった、マウスによる販売促進の調整移動を生成します。タッチ移動イベントと共有されるマウス移動イベントの間で 1 対 1 対応ではほとんど必要がありますように、マウスによる販売促進の調整は削除されます。

問題 4

作業するいると、WPF アプリケーションを対象とする.NET Framework の 4.6 を想定しています。DispatcherOperation を使用して WPF ディスパッチャーによって呼び出されるメソッドで、 CurrentThread.CurrentCultureまたはCurrentThread.CurrentUICultureの値を設定しようとするとします。たとえば、UI イベント ハンドラーまたはメイン ウィンドウのコンス トラクターでこの値を設定しようとしました。このような場合は、メソッドの末尾にそれぞれ前の値にCurrentCultureCurrentUICultureの値がリセットされます。場合は、メイン ウィンドウのコンス トラクターまたはボタンのクリックしてハンドラーで、アプリケーションはCurrentUICultureを設定、システムの UI カルチャにその設定を元に戻します。

この修正プログラムは、.NET Framework の 4.6 前に、と同じCurrentThread.CurrentCulture/CurrentUICulture値は、WPF アプリケーション内のメソッドで設定するのと同じ方法で保持することを確認します。

問題 5

.NET Framework 4.6 では、新しいフラグ、 TaskContinuationOptions.RunContinuationsAsynchronouslyは、タスクのライブラリに追加されます。ただし、 Task.WhenAllTask.WhenAnyまたはTask.Unwrapとは、このフラグを使用すると、フラグは影響しません。特定のデッドロック状態を回避するのには、フラグが導入されました。この修正プログラムは、すべての種類のタスクの継続は、新しいフラグを反映します。

問題 6

.NET Framework 4.6 では、AppContext メソッドを正しく実装するのスレッドの安全性の原因となる AppContext にバグがあり、します。AppContext は、変更点を削減するためのインフラストラクチャの一部です。AppContext を使用するには、設定およびフラグを取得して、アプリケーションがそのデータを基にするかを決定します。

この修正プログラムは、設定とスイッチの値を取得するのに関連付けられている AppContext にメソッドの適切なスレッドの安全性を有効にします。

問題 7

発生した場合、割り当ておよび存続のパターンを持つ、特殊なケースは、マネージ ヒープ上の新しいセグメントを必要とする、ガベージ コレクターではそれよりも小さなコミット サイズを計算できます。これにより、ガベージ コレクターは、コミットされていないメモリへの書き込みしようとしていますので、最適化フェーズでアクセス違反が発生します。

この修正プログラムでは、サイズが正しく計算されます。

問題 8

を作成するネイティブ コードの特定の方法と、.NET Framework アプリケーションと NGEN のプロセスは、予期しないクラッシュになる可能性があります。

問題 9

RyuJit には、レジスタの 16 ビットの符号なし整数を比較するのには不正な命令が生成されます。入力値が異なる値で MSB と生成される比較命令レジスタ オペランドを使用する場合は、間違った結果を生成します。

この修正プログラムは、正しい命令を生成します。

適用対象

この資料は、次に該当します。
  • Microsoft.NET Framework 4.6.1
  • Microsoft.NET Framework を使用すると、4.6。
    • Windows 7 のサービス パック 1
    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
    • Windows Server 2008 Service Pack 2
    • Windows Vista のサービス パック 2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3139551 - 最終更新日: 07/22/2016 07:00:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft .NET Framework 4.6.1, Microsoft .NET Framework 4.6

  • kbfix kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3139551 KbMtja
フィードバック