Internet Explorer 11 がアクティブ モードで IME の入力フィールドに重点を置くと、不適切な日本語の音節を入力します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3139672
現象
JustSystems を使用する場合にこの問題が発生する入力方式エディター (IME) として比較的ローマ字入力モードを既定として設定するとします。11 の Internet Explorer のアクティブ ・ モードで IME の入力フィールドに注目するとき、誤ってかな入力モードが有効になります。

たとえば、アクティブ モードでは、IME と文字を入力します。 k入力フィールドでは、Internet Explorer の正しくない 2 つ日本語のひらがな音節なしと入力ti (「のち」)、予想される 1 つ日本語の音節ka (」「こ」") ではなく。
解決方法
この問題を解決するには、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。これを行うには、Microsoft Update に移動します。さらを参照してください、 Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する技術情報.

注: <b>この更新プログラムが最初に含まれていた、 MS16-009: Internet Explorer のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 2 月 9 日.
状況
マイクロソフトでは、「に適用する」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題があることを認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:3139672 - 最終更新日: 02/10/2016 03:57:00 - リビジョン: 1.0

Internet Explorer 11

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseadvanced kbmt KB3139672 KbMtja
フィードバック