Windows がセーフ モードで実行されているときに Office アプリケーションが起動しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3140179
現象
Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote またはへのアクセスなど、2016 の Office または Office 2013 アプリケーションを開こうとする次のエラーのいずれか表示ことがあります、Office のインストールの種類によって異なります。


クイック実行インストールの種類:

問題が発生しました。
プログラムを開始できませんでした。もう一度起動してください。
それが起動しない場合は、コントロール パネルの ['プログラムと機能 ' から Office を修復してみてください。


クイック実行のエラー メッセージ



MSI ベースのインストールの種類:

Microsoft Office では、このアプリケーションのライセンスを見つけることができません。修復の試行が失敗したまたはキャンセルされました。Microsoft Office は終了します。


MSI エラー メッセージ


原因
この問題は、Microsoft Windows がセーフ モードで実行されているときに、2016 の Office または Office 2013 アプリケーションを起動しようとするときに発生します。
回避策
この問題を回避するには、セーフ モードではなくシステム構成スタートアップ オプションを選択オプションを使用して Windows を起動します。スタートアップのオプションを構成する手順は、Office インストールの種類によって異なります。


クイック実行インストールの種類:

  1. システムの構成を開きます。これを行うには、[実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ msconfigと入力し、[OK] をクリックします。
  2. スタートアップのオプションを選択し、オフ、システム サービスを読み込む スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックス。

    システム起動の構成オプションを選択
  3. クリックして、サービス ] タブ。
  4. Microsoft Office ClickToRun のサービスのチェック ボックスを選択します。

    システム構成サービス
  5. [OK] をクリックします。
  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、[再起動] をクリックします。

    システム構成で再起動のプロンプト


MSI ベースのインストールの種類:

  1. システムの構成を開きます。これを行うには、[実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ msconfigと入力し、[OK] をクリックします。
  2. スタートアップのオプションを選択し、オフ、システム サービスを読み込む スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックス。

    システム起動の構成オプションを選択
  3. [OK] をクリックします。
  4. ダイアログ ボックスが表示されたら、[再起動] をクリックします。

    システム構成で再起動のプロンプト


トラブルシューティングし、スタートアップのオプションで実行する必要があるしたらと、は、次の手順で、通常スタートアップに戻ります。

  1. システムの構成を開きます。これを行うには、[実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ msconfigと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 標準の起動を選択します。
  3. [OK] をクリックします。
  4. ダイアログ ボックスが表示されたら、[再起動] をクリックします。
詳細
Office のインストールは、クイック実行または MSI ベースかどうかを決定するには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook または Word などの Office アプリケーションを起動します。
  2. [ファイル] メニューには、アカウントまたはOffice のアカウントを選択します。
  3. Office クイック実行のインストール、更新プログラムのオプションの項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

    クイック実行 Office のインストールMSI ベースの Office のインストール
    クイック実行MSI

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3140179 - 最終更新日: 03/17/2016 01:25:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016, Word 2016, Excel 2016, OneNote 2016, PowerPoint 2016, Access 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Word 2013, Microsoft Excel 2013, Microsoft OneNote 2013, Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft Access 2013

  • kbmt KB3140179 KbMtja
フィードバック