検索し、メッセージの Office 365 専用/ITAR (vNext) を削除する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3140334
概要
Microsoft Office 365 専用/ITAR、特定の電子メール メッセージをメールボックスから削除するには管理者を必要とするいくつかのシナリオがあります。これらを以下に示します。

  • 機密情報が誤ってユーザーの大規模なグループに電子メールで送信する場合
  • マルウェアやスパムを含むメッセージは、環境を展開する場合
  • 多数の受信者にメールが送信され、返信または転送メッセージの通常のメール配信でいくつかの遅延が発生する場合

    注: <b>このプロセスは asa も呼ばれます メッセージのパージ.
詳細
レガシ専用になり、vNext の顧客の削除済みアイテムを回復するには、必要なアクセス許可と、プロセスを概説します。

必要なアクセス許可

専用のレガシー

適用可能なセルフ サービスのマニュアルを参照してください。 Office 365 専用リリース関連資料.

vNext

このタスクを完了するために、 検出の管理 役割グループは、必要があります。

検出管理を示す Exchange 管理センター ページのスクリーン ショット


VNext セルフ・サービス ・ タスクを実行するアクセス許可の詳細については、次の TechNet の記事を参照してください。

プロセスの手順

従来の専用と vNext

プロセスの手順は、従来の専用と vNext お客様の両方に同じです。削除する前に検索で見つかったメッセージのログをプレビューするには、 /LogOnlyスイッチを使用して検索用メールボックスのコマンドレットを実行します。

詳細については、検索し、メッセージを削除.



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3140334 - 最終更新日: 04/05/2016 09:40:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB3140334 KbMtja
フィードバック