現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クラウド プラットフォーム システム プレミアムの 1602年を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3141090
概要
クラウド プラットフォーム システム (CPS) プレミアム 1.0 用の更新プログラム 1602年には、重要な Windows 更新プログラム、Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM)、および更新を実行する前に、稼働状態のチェックを実行できるようにする機能の追加のプライベート修正プログラムが含まれています。Windows の更新プログラムの一覧では、この資料の末尾に含まれています。

注: <b>ドライバーまたはファームウェアの更新プログラムがこの更新プログラム パッケージに含まれているはありません。
詳細

この更新プログラムをインストールする方法

この更新手順では、2.0 の更新が既にインストールされていると仮定しています。CPS プレミアム 1.0 用の更新プログラム 1602年をインストールするには、以下の手順を実行します。

手順 1: パッケージを準備します。

1、2、アカウント ・ チームによって提供されている CPS 管理者ガイド 』 の「更新プログラムの適用環境を準備する」セクション手順に従います。このパッケージのファームウェアまたはドライバーの更新プログラムが存在しないため、CPS 管理者ガイド」の手順 3 と 4 は適用されません。

重要: 更新プログラムのプロセスは開始されません。

手順 2: 正常性チェックを実行し、問題を修正

マイクロソフトの修正プログラムとすることができます (P & U) の更新プログラムのフレームワーク サポートの新機能の干渉、読み取り専用の状態チェックを実行します。これにより、実際の更新プログラムを実行する前に基本的なスタンプの状態です。

P & U プロセスを起動すると、稼働状態チェックを実行するには、 -HealthCheckOnlyパラメーターを使用します。

CPS の更新プログラムの管理者など、修正プログラムを作成したアカウントを使用してログオンしていることを確認します。その後、次の Windows PowerShell コマンドを実行します。

$cred = Get- Credential (whoami)
これを行うダイアログ ボックスが表示されたら、アカウントのパスワードを入力します。

どの<CPSPU folder="" name="">で特定の更新プログラム パッケージを使用したフォルダー名は、次のコマンドを実行します。

</CPSPU>
<Name of SOFS in rack 1> \SU1_InfrastructureShare1\<CPSPU Folder Name>\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 –HealthCheckOnly -PUCredential $cred
検出された問題を修正しようとしてください。P & U のプロセスを開始する前にすべての重要な Operations Manager アラートを解決しようとする必要があります。

1602 の更新プログラムをインストールする前に前提条件の VMM の修正プログラムのインストールを手順 3。

注: <b>2.1 の更新プログラムを既にインストールした場合は、この手順を省略できます。

SystemCenter 2012 R2 の VMM での更新プログラム ロールアップ 6 に問題がありました: ホストは、レガシー ・ モードに入ると、は返されませんイベント モードを 20 日間です。したがって、VM のプロパティは更新されません、し、イベントが受信されなかった HYPER-V から 20 日間。この問題は、イベント モードと従来のモードの両方の 20 日、有効期限を設定する UR6 に変更されたために発生します。2 分が経過した後、理想的には必要があります従来のリフレッシャーを実行します。ただし、リフレッシャーここでは起動しませんまで 20 日を経過した後。20 日間にイベント処理は無効になります。

この問題を解決するには、次のメソッドを使用して VMM の修正プログラムをインストールする必要があります。

VMM 2012 R2 の秘密の修正プログラムを適用する方法


注: <b>可用性の高い VMM のクラスター化された役割、 <Prefix>-HA の VMM では、2 つのノードには: - VMM 01 と VMM 02。ノードとして Node1 と Node2 を参照してください。

修正プログラムを適用するには、以下の手順を実行します。

</Prefix>
  1. 指定の場所からは、c: \HostModeHotfix など、コンソール、仮想マシン上のフォルダーに HostMode_Hotfix.exe ファイルをコピーします。
  2. HostMode_Hotfix.exe ファイルをダブルクリックして、契約書を確認し、 [はい]に同意する] をクリックします。
  3. 展開されたファイルを格納するフォルダーを選択します。たとえば、C:\HostModeHotfix を選択します。[Ok]をクリックします。
  4. VMM のパッシブ ノードを決定します。これを行うには、Windows PowerShell ISE のセッションを開くし、次のスクリプトを実行」プレフィックス>"、スタンプのプレフィックスします。

    $VmmServerName = "<Prefix>-HA-VMM"$vmmServer = Get-SCVMMServer -ComputerName $VmmServerName $activeNode = $vmmServer.ActiveVMMNode$passiveNodes = @()$vmmServer.FailoverVMMNodes | ForEach- Object { if($_.ToLower() -ne $activeNode.ToLower()){$passiveNodes += $_}}$passiveNodes
    注: <b>このスクリプトでは、VMM のパッシブ ノードのサーバー名を返します。(この例では、仮定 Node2 は、パッシブ ノードで、最初にします。)

  5. ファイル エクスプ ローラーで、パッシブ ノードの次のフォルダーを見つけます。

    \\<Prefix>- VMM 0 #> \c$\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Virtual マシン Manager \bin</Prefix>
  6. \Bin フォルダーに次のファイルのバックアップ コピーを作成します。

    • Engine.Common.dll
    • Utils.dll
  7. VMM コンソールで、どの (クラスター内のホストの管理) は VMM のパッシブ ノード実行されているを確認します。
  8. HYPER-V マネージャーを開き、手順 7 で特定した管理クラスター ホストへの接続し、VMM のパッシブ ノードに接続します。
  9. VMM のノードで、次のように入力します。 powershell 、昇格した特権の Windows PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行します。

    Stop-Service SCVMMServiceStop-Service SCVMMAgent
  10. サービスが停止していることを確認します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Get- Service SCVMMServiceGet-Service SCVMMAgent

    それぞれの状態が停止であることを確認します。

    注: <b>システム センター管理サービスのホスト プロセスを終了するメッセージが表示されたら、[無視] をクリックします。
  11. VM では、コンソール、パッシブ ノードの次のフォルダーを見つけます。

    \\<Prefix>- VMM 0 #> \c$\Program Files\Microsoft システム センター 2012 R2\Virtual マシン Manager\bin</Prefix>
  12. \Bin フォルダーに、次のファイルを修正プログラム パッケージから抽出したファイルの新しいバージョンに置き換えます。

    • Engine.Common.dl
    • Utils.dll
  13. VMM のパッシブ ノード上のサービスを開始するのには次のコマンドを実行します。

    Start-Service SCVMMAgent

    注: <b>SCVMMService では、VMM サーバーのパッシブ ノードがアクティブでない場合は起動しません。SCVMMService では、ノードがアクティブ ノードになったときにのみを開始します。この動作は仕様です。
  14. フェールオーバー クラスター マネージャーでは、フェイル オーバーを開始します。Node2 が既に更新される)、新しいパッシブ ノード Node1 は、このアクティブ ノードです。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. フェールオーバー クラスター マネージャーを起動しに接続しますプレフィックス> の CL - VMM のクラスターです。
    2. [ロール] をクリックします。ロール ウィンドウには、所有者のノード列で、アクティブなノードが表示されます。アクティブ ノードを右クリックしポイントを移動するにして、ノードの選択] をクリックします。他のノードを選択し、新しいアクティブ ノードの状態が変更を実行するかどうかを確認します。数秒をかかります。
  15. 6-13 (この例では、ノード 1) では新しいパッシブ ノード上の VMM のファイルを更新するための手順に従います。

修正プログラムを元に戻す方法

(必要な場合)、この修正プログラムを元に戻すには、次の手順に従います。

  1. VMM のパッシブ ノードで、SCVMMService サービスを停止および SCVMMAgent サービスを停止します。
  2. VMM のインストール フォルダー内のファイルをバックアップ ファイルに置き換えます。
  3. SCVMMAgent サービスを開始します。
  4. SCVMMService サービスを開始します。
  5. フェールオーバー クラスター マネージャーでのフェイル オーバーを開始しますプレフィックス> HA の VMM のクラスター化されたロールです。
  6. 新しいパッシブ ノードに手順 1 ~ 4 を繰り返します。

P & U ステップ 4: 実行するパッケージを更新します。

2.1 の更新プログラムを適用する CPS 管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクションで説明する手順に従います。ただし、1602 の更新以降、P & U が自動的に実行状態を確認更新プロセスの一部として。オペレーション ・ マネージャーの重要な警告が検出された場合の動作を制御できます。これを行うには、 – ScomAlertActionパラメーターの値を変更します。

– ScomAlertActionパラメーターには、次の使用可能な値があります。

パラメーター値: 停止
説明: P & U プロセスの既定動作です。すべての稼働状態チェックを実行し、停止 P & U 更新オペレーション マネージャーの重要なアラートがある場合。

パラメーター値: ダイアログを表示
説明: は、すべての稼働状態チェックを実行します。オペレーション ・ マネージャーの重要なアラートがある場合は、更新処理を続行するかどうかを確認します。

パラメーター値: 続行
説明: は、すべての稼働状態チェックを実行します。警告情報、オペレーション ・ マネージャーの重要なアラートが発生した場合は処理を続行更新プログラムを出力します。

管理者ガイド」は、以下のコマンドを実行する P & U を示しています。

\\<Name of SOFS in rack 1>\SU1_InfrastructureShare1\<CPSPU Folder Name>\Framework \PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 -PUCredential $cred

記載されているとおり、このコマンドを実行する場合は、P & U は、 – ScomAlertAction停止に設定されている既定の動作を適用することによって更新プロセスの一部として稼働状態のチェックを実行します。

ダイアログを表示] または [続行するには、 -ScomAlertActionオプションを変更するには、必要な値に– ScomAlertActionパラメーターを設定します。たとえば、次の値に設定します。

\\\SU1_InfrastructureShare1\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 -ScomAlertAction "Continue" -PUCredential $cred

注: <b>更新 2.0 がインストールされて既にのため、CPS 管理者ガイド」の他の前提条件は、2 を更新」セクションを無視できます。

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム

アプリケーションは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 R2 (KB3076950) でファイルを読み取るときに、"STATUS_CONNECTION_RESET"エラー

MS15-105: 説明のハイパー-v: セキュリティ更新プログラム、2015 年 9 月 8 日 (KB3087088)


Windows シェル用のセキュリティ更新プログラムの MS15-109: 説明: 2015 年 10 月 13 日 (KB3080446)


HYPER-V ホストがクラッシュして、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 (KB3031598) で VM のライブ マイグレーションを実行するとエラーが発生


ファイルが完全に最適化されていないし、Windows Server 2012 R2 (KB3094197) の重複除外のキャッシュ ロック競合の問題が発生します。


Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-115: 説明: 2015 年 11 月 10 日 (KB3097877)


MS15 128 と MS15 135: Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 12 月 8 日 (KB3109094)


MS15-127: セキュリティ更新プログラムを Microsoft Windows DNS アドレス リモートでコードが実行する: 2015 年 12 月 8 日 (KB3100465)


PGM の Windows セキュリティ更新プログラムの MS15-133: 説明: 2015 年 12 月 8 日 (KB3109103)


Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-132: 説明: 2015 年 12 月 8 日 (KB3108347)


Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-128: 説明: 2015 年 12 月 8 日 (KB3099864)


Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-132: 説明: 2015 年 12 月 8 日 (KB3108381)


Windows カーネルのセキュリティ更新プログラム MS16-008: 説明: 2016 年 1 月 12 日 (KB3121212)


Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日 (KB3110329)


Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日 (KB3121918)


Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-005: 説明: 2016 年 1 月 12 日 (KB3124001)


Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3122651)

セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3122654)

PDF ライブラリを Windows のセキュリティ更新プログラム MS16-012: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3123294)

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3126434)

リモート デスクトップのディスプレイ ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-017: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3126446)

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 の、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3126587)

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 の、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3126593)

MS16-021: サービスのアドレスの拒否を NPS RADIUS サーバー用のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 2 月 9 日 (KB3133043)

Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-018: 説明: 2016 年 2 月 9 日 (KB3134214)

MS16-020: セキュリティの更新を Active Directory フェデレーション サービスのアドレスにサービス拒否: 2016 年 2 月 9 日 (KB3134222)

注: <b>この資料で VMM サービスのテンプレートのバージョンは、 3.2.8139.0です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3141090 - 最終更新日: 03/18/2016 20:02:00 - リビジョン: 1.0

Cloud Platform System

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbinfo kbhowto kbmt KB3141090 KbMtja
フィードバック