1000 のイベントが発生して、Skype のビジネス サーバー 2015年のフロント エンド サーバーで Rtcsrv.exe プロセスがクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3141114
現象
ビジネス サーバー 2015年フロント エンド (FE) のサーバーの Microsoft Skype は、伝送制御プロトコル (TCP) プロトコルを使ってピア サーバーと通信する場合は、FE のサービス (Rtcsrv.exe) がクラッシュします。さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
日付: 日付/時刻
イベント ID: 1000
タスクのカテゴリ: (100)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明:
エラーが発生したアプリケーション名: RTCSrv.exe、バージョン。 XXXX、タイム ・ スタンプ。 XXXX
エラーが発生したモジュール名: SIPStack.dll、バージョン。 XXXX、タイム ・ スタンプ。 XXXX
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x0000000000442aa1
エラーが発生したプロセス id: 0x1ab4
エラーが発生したアプリケーションの開始時刻: XXXXXXXXXXXXXXXXXX
エラーが発生したアプリケーションのパス: ビジネス サーバー 2015\Server\Core\RTCSrv.exe の C:\Program Files\Skype
エラーが発生したモジュール パス: C:\PROGRA~1\SKYPEF~1\Server\Core\SIPStack.dll
レポート Id: チームの XXXX が XXXX-で入力して



クラッシュは、FE サーバーを再起動した後、24 時間ごとに通常発生します。
原因
この問題は、サーバーが信頼される側の TCP サーバーのアドレスを検証するのには不適切なロジックを適用するために発生します。
解決方法
この問題を解決するにはインストール、 2016 の 3 月の累積的な更新プログラム 6.0.9319.235 ビジネス サーバー 2015年のフロント エンド サーバーおよびエッジ サーバーの Skype です。
詳細
暗号化とピア サーバーの認証をより優れたセキュリティを強化するためにトランスポート層セキュリティ (TLS) を使用することを強くお勧めします。信頼されたアプリケーションへの TCP 接続のサポートは限定されています (たとえば、サポートされていません IPv6 の場合)、サポートは、製品の将来のリリースで廃止可能性があります。

EnableTCPパラメーターと組み合わせて使用する場合、この問題が発生することが、 新しい-CsTrustedApplication コマンドレットです。このパラメーターは、信頼される側のアプリケーションが TCP を使用する Lync を指示します。信頼されたアプリケーションは、マイクロソフト ユニファイド コミュニケーション管理 API (UCMA) アプリケーションではない場合にのみ、このパラメーターを使用します。UCMA アプリケーションは、相互トランスポート層セキュリティ (MTLS) プロトコルのみをサポートするためです。Force パラメーターとEnableTCPパラメーターを指定しない場合、新しい信頼されたアプリケーションを作成する前に確認のプロンプトが表示されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3141114 - 最終更新日: 03/19/2016 06:09:00 - リビジョン: 1.0

Skype for Business Server 2015

  • kbfix kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3141114 KbMtja
フィードバック