現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マイクロソフト クラウド プラットフォーム システム標準のプラットフォームに帯域外の更新プログラムを適用します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3141340
概要
マイクロソフト クラウド プラットフォーム システム標準のソリューションを手動で更新するには、この資料の手順に従います。

更新を準備します。

  1. 手動更新プロセスを開始する前に、サービスのメンテナンスの時間を明確に確立したことを確認します。手順が正常に完了した、システムにユーザーができます。
  2. Active Directory ユーザーとコンピュータースナップインがインストールされているコンピューター上への更新に使用するユーザー アカウントを追加しますプレフィックスのセットアップ-管理者スタンプ (親 OU\StampPrefix OU) の組織単位 (OU) にグループ化します。

    注: <b>CPS の標準のスタンプの OU にアクセス許可を委任するユーザーまたはドメイン管理者として、これを行うことにしました。

  3. システム センター 2012 R2 のコンソールのバーチャル マシン (VM) では、Virtual Machine Manager (VMM) コンソールを開きます。
  4. [ファブリック] ワークスペースの [サーバー] の下では、インフラストラクチャを展開し、更新サーバー] をクリックします。
  5. 更新サーバーウィンドウで、一覧表示されているサーバーを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
  6. [場所] タブの [更新プログラムのクラスには、次のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。
    • 重要な更新プログラム
    • 定義の更新
    • セキュリティ更新プログラム
    • サービス パック
    • 更新プログラムのロールアップ


    更新プログラムの分類] タブ

  7. [OK] をクリックします。
  8. 更新サーバーを再度右クリックし、[同期] をクリックします。
  9. 更新サーバーの同期ジョブを完了するまで待機し、準備ができたら、最近使ったジョブ] ウィンドウを閉じます。
  10. VMM コンソールで、[更新プログラムのカタログ、およびベースラインでのライブラリのワークスペースでは、更新の基準値を右クリックし、ベースラインを作成] をクリックします。
  11. [全般] タブの [名前] ボックスで、次のように入力します。 1512、1601 OOB にサービスを提供、、[次へ] をクリックします。
  12. [更新] タブで、追加] をクリックし、以下の更新プログラムがベースラインに追加。
    • KB3099864
    • KB3100465
    • KB3108347
    • KB3108381
    • KB3109094
    • KB3109103
    • KB3110329
    • KB3121212
    • KB3121918
    • KB3124001
    • KB3122651
    • KB3122654
    • KB3123294
    • KB3126434
    • KB3126446
    • KB3126587
    • KB3126593
    • KB3133043
    • KB3134214
    • KB3134222


    OOB のサービスのプロパティ

  13. 完了したら、「次へ」をクリックしてします。
  14. 割り当てのスコープ] タブで、すべてのホスト] チェック ボックスをオンし、インフラストラクチャの下のすべてのチェック ボックスを選択します。

    割り当て範囲

  15. [へ] をクリックします。

    注: <b>[概要] ページで、(する) 場合は、ベースラインを作成するために使用する PowerShell スクリプトを表示するのにはスクリプトの表示] をクリックします。

  16. ベースラインの更新ウィザードを終了する終了をクリックします。
  17. 新規ベースラインを作成し、ベースラインのプロパティを変更するジョブが完了すると、[最近使ったジョブ] ウィンドウを閉じます。

WSUS コンピューター グループのメンバーシップを更新します。

  1. VM では、コンソール、 Windows Server Update Servicesスナップインを開きます。
  2. 更新サービスを右クリックし、サーバーへの接続をクリックして、(このケースでは、VMM サーバーの WSUS サーバー名を指定します。プレフィックスVMM01)、し、[接続] をクリックします。
  3. 展開 サーバー名コンピューターを展開し、すべてのコンピューター] を展開して、割り当てられていないコンピューター] をクリックします。
  4. 一覧内のすべてのコンピューターを選択して、選択範囲を右クリックし、メンバーシップの変更] をクリックします。
  5. SCVMM の管理されたコンピューター ] チェック ボックスを選択し、し、[ OK] をクリックします。

計算ノードを更新します。

  1. コンソールの vm では、クラスター対応の更新を開きます。
  2. フェールオーバー クラスターへの接続] ボックスで、選択、コンピューターのクラスター (プレフィックスCCL)、し、[接続] をクリックします。
  3. クラスター操作では、[このクラスターに更新プログラムを適用、] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [詳細オプション] タブでの既定の設定のままにし、[次へ] をクリックします。
  5. [追加オプション] タブで、既定の設定のままにし、[次へ] をクリックします。
  6. [確認] タブで、デフォルトの設定し、更新] をクリックします。
  7. [完了] ページを閉じます閉じるをクリックします。
  8. クラスター内の各ノードは、コンピューターを再起動するのには、更新プログラムをインストールするのにはメンテナンス モードに入るを反復処理し、最後に更新プログラムを再スキャンします。クラスター内のすべてのノードで完了するために実行する前に待機します。

    注: <b>各ノードには、完了するまで約 10 分間をかかる場合があります。

    クラスター対応の更新

  9. 成功するのには更新プログラムの状態が変更されたとき、各ノードが完了しました。クラスター対応の更新ウィンドウを開いたまま、次の手順にします。

    クラスター対応の更新

SQL Server のゲストのクラスターを更新します。

  1. 同じクラスター対応の更新] ウィンドウで、いくつかのフェールオーバー クラスターに接続するボックスをオンに、SQL Server のクラスター (プレフィックスSQLCL)、し、[接続] をクリックします。Disconnecting クラスターからCluster_Name 警告ボックスで、 [ok]を] をクリックします。
  2. このクラスターに更新プログラムを適用をクリックして、すべての既定の設定と同様に以前のバージョンの計算クラスター ノードで、[更新] をクリックと [完了] ページの [閉じる] をクリックします。
  3. 各ノードが 1 つずつ更新されます。成功の更新のステータスをすべてのノードがある場合、更新が完了します。

    クラスター対応の更新

  4. クラスター対応の更新] ウィンドウを閉じます。

インフラストラクチャの仮想マシンを更新します。

  1. VMM コンソールで、[ Vm とサービスのワークスペースを開くし、[すべてのホスト] をクリックします。
  2. (上部) にあるリボンでは、 Vmをクリックします。

    この手順では、次の順序で次の仮想マシンを更新します。
    • プレフィックスAPA01
    • プレフィックスAPT01
    • プレフィックスOM01
    • プレフィックスVMM01
    • プレフィックス(その他の Vm が完了した後コンソールの VM を更新に必要があります。) CON01


    注: <b>VSA のランタイムをホストしている Linux の仮想マシンは除外されます。

  3. (次のように、VM を右クリックします。 プレフィックスAPA01)、 [接続] または [ビュー] をポイントし、コンソール経由で接続] をクリックします。

    注: <b>取得する場合、VMM サーバーにコンソールを connectthrough しようとするとエラーが発生した場合、代わりに VM への接続に HYPER-V マネージャーを使用します。

  4. VM に更新プログラムをインストールするために使用する同じアカウントを使用してログオンします。
  5. コマンド プロンプトで次のように入力します。 sconfig、し、Enter キーを押してサーバー構成の管理] を開きます。
  6. タイプ 6 オプションをダウンロードし、更新プログラムをインストールし、Enter キーを押します。
  7. 新しいコマンド プロンプト ウィンドウで次のように入力します。A、Enterand キーを押し、検索を完了するまで待機します。
  8. タイプ A (すべての更新プログラムをインストール) するオプションを選択し、Enter キーを押します。

    更新プログラムは WSUS サーバーからダウンロードし、VM にインストールします。

  9. 除くコンソールの VM には、手順 2 で一覧表示されているインフラストラクチャの仮想マシンについて、手順 3 ~ 8.
  10. 、VM ごとに [はい]A の再起動のメッセージが表示されたらは完了に必要な Windows の更新プログラム。今すぐ再起動しますか?最後に VMM サーバーを再起動する必要があります。更新すると、VMM サーバー、VMM コンソールを外し、使用可能になるときを期待してください。
  11. 最後に、他のすべての Vm が更新され、再起動したら、ローカルの管理者特権で Windows PowerShell セッションを (たとえば、管理者として実行) にsconfigを実行して、コンソールの VM を更新します。サーバーの構成ツールを開くにはしばらく時間がかかる場合があります。

注:
  • クラスター対応の更新ツールを使用してに既に更新されたために、SQL Server の仮想マシンを更新する必要はありません。
  • 適用可能な更新の一覧 VM から、仮想マシンにによって異なりますの役割とサービスがインストールされています。これが必要です。

WSUS コンピューター グループのメンバーシップを元に戻す

  1. Windows Server Update Servicesスナップインを開きます。
  2. 展開 サーバー名コンピューターを展開し、すべてのコンピューター] を展開して、 SCVMM の管理されたコンピューター] をクリックします。
  3. 計算ノードと VMM サーバー以外のすべてのコンピューターを選択して、選択範囲を右クリックし、メンバーシップの変更] をクリックします。
  4. SCVMM の管理されたコンピューター ] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。
  5. コンピューターが割り当てられていないコンピューターグループに戻すかどうかを確認するのにはビューを更新します。

    サービスを更新します。

後のクリーンアップを更新します。

  1. 手動で更新処理が完了します。システム センター 2012 R2 – 運用マネージャー コンソールを開くし、アクティブなアラートを確認することをお勧めします。
  2. 修正プログラムの適用に使用したアカウントを削除することをお勧めします プレフィックスのセットアップ-管理者グループです。

    注: <b>CPS の標準の管理に使用するアクティブなアカウントの場合は、別のグループのメンバーに次のようにあること確認します。プレフィックス-Ops の管理者

  3. これで安全なサーバー、サービス、保守ウィンドウと、ユーザーがシステムに戻します。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3141340 - 最終更新日: 02/10/2016 19:43:00 - リビジョン: 1.0

Cloud Platform System

  • kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB3141340 KbMtja
フィードバック