UNIX および Linux 用 System Center 2012 R2 Operations Manager 管理パックの更新プログラムのロールアップ 9

はじめに
この資料では、UNIX および Linux 用 Microsoft System Center 2012 R2 管理パックの更新プログラムのロールアップ 9 で修正される問題について説明します。 また、この資料には UNIX および Linux 用 System Center 2012 R2 Operations Manager 管理パックの更新プログラムのロールアップ 9 に関するインストールの指示が記載されています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 一部のシステム ロケールで Linux コンピューターの検出が失敗することがある
    zh_TW.UTF-8 などの一部のシステム ロケールが含まれるコンピューターに対するエージェント検証の手順中に、検出ウィザードまたは Windows PowerShell コマンドレットを使用した Linux コンピューターの検出が失敗することがあります。検出プロセス中にエージェントの再起動に使用される scxadmin コマンドが、標準の out-of-the-service コマンドの Unicode テキストを正しく処理していません。
  • UNIX/Linux エージェントが TLS ハンドシェイク中に断続的に接続を閉じる

    以下に、発生する可能性のある現象を記載します。
    • UNIX または Linux コンピューターのハートビートにエラーが発生する (特に、Management Server で SSLv3 プロトコルが無効である場合)。  
    • 以下のようなテキストが含まれるシステム ログの Schannel のエラー。

      SSL クライアントの資格情報の作成中に致命的なエラーが発生しました。 内部エラー状態は 10013 です。
    • 以下のようなテキストが含まれるイベント ログの WS-Management のエラー。

       WSManFault
      Message = The server certificate on the destination computer (<UNIX/LINUX-COMPUTER-NAME) has the following errors:
      Encountered an internal error in the SSL library.
      エラー番号: -2147012721 0x80072F8F
      A security error occurred

UNIX と Linux の管理パックの更新プログラム

UNIX および Linux オペレーティング システム用の最新の監視パックおよびエージェントをインストールするには、次の手順に従います。
  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップ 9 を適用します。
  2. System Center 2012 R2 の最新の管理パックを次の Microsoft Web サイトからダウンロードします。
  3. 管理パック更新プログラム パッケージをインストールして管理パック ファイルを抽出します。
  4. 環境内で監視する Linux または UNIX のバージョンごとに最新の管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの管理ウィンドウで Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたは UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザードのいずれかを使用して、それぞれのエージェントを最新バージョンにアップグレードします。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

以下に示したのは、今回の更新プログラムのロールアップで変更されたファイルの一覧です。 過去の更新プログラムのロールアップのうち、まだインストールしていないものがある場合は、ここに記載されている以外のファイルも更新されます。 更新されたファイルの詳細な一覧については、現在の更新プログラムのロールアップ後にリリースされたすべての更新プログラムのロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。
変更されるファイルファイルのサイズバージョン
Microsoft.ACS.Linux.RHEL.7.mp20 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.5.3.mpb15,869 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.6.1.mpb15,876 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.7.mpb14,872 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.11iv2.mpb19,998 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.11iv3.mpb19,908 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb7,905 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb7,819 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb7,394 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb2,333 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.10.mpb7,178 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.11.mpb4,713 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.12.mpb1,845 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.9.mpb3,801 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Universal.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp83 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb14,127 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb12,654 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.10.mpb26,957 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.11.mpb26,631 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.9.mpb13,746 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.Library.mp22 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.Library.mp83 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb87 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.Process.Library.mpb98 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb68 KB7.5.1050.0
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3141435 - 最終更新日: 03/01/2016 13:45:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2, Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload KB3141435
フィードバック